日経トレンディ

 この記事は2011年3月4日発売の「日経トレンディ4月号」から転載したものです。情報は基本的に発売時点のものとなります。

 実はプロのカメラマンも、高画質コンデジやミラーレス一眼をよく使っている。そこで、「目からウロコ」で、しかも簡単な撮影術をプロから学べば、コンデジやミラーレス一眼のユーザーでも写真の腕を一気に上げられる。

 上達への手っ取り早い近道は、まず「オート撮影に頼らず、露出を積極的に変えて撮ること」だ。

 多くのユーザーは、フルオートで撮ってしまいがち。だがフルオートでは、失敗せずに撮れる半面、全体的に暗めに写る場合もかなりある。

 ところが「露出をプラス側に設定して撮るだけで、空気感が伝わる優れた写真に変貌することが多い」と、女性ユーザーに撮影術を教える写真家の山本まりこ氏は語る。例えば室内で花やスイーツ、小物を撮るときは、光が被写体の後ろから差している逆光状態にし、露出をプラス2などと高く設定する。そうすると被写体が明るく写るだけでなく、後ろの光がふんわり飛んで空気感が伝わる写真が撮れる。

花束やスイーツは逆光+αにして撮る

 花やスイーツをプロっぽく撮るには、まず、背後から光が差す逆光状態にすること。「そうすると花やスイーツが後ろから来る光を受けて立体的に見え、美しい写真になる」(山本氏)。そのうえで、被写体が暗かったら露出を上げる、背景をぼかしたい場合は望遠で撮る技を使うと、写りが大きく向上する。

逆光とオート

逆光と露出+2

(画像クリックで拡大)

★ ★ ★

順光

逆光と望遠

(画像クリックで拡大)