「Twitterの次にヒットする」と言われる新ソーシャルサービスが、2011年2月中旬、ついに日本語化された。その名は「foursquare(フォースクエア、以下4sq)」だ。

 4sqは米国のfoursquare Labs社が運営する、スマートフォンのGPS機能を使った位置情報SNS。店や駅など、自分がいる場所で4sqアプリを起動してボタンを押す(チェックインする)と、自分の場所がネット上に登録され、友人に公開される。

foursquareは、iPhoneやAndroidなどの無料アプリとしてダウンロードして使える(画像クリックで拡大)

foursquareはスマートフォンのGPS機能を使って、自分が現在いる位置を登録(チェックイン)し、友人・知人に公開するソーシャルサービスだ(画像クリックで拡大)

 2009年に米国でサービスを開始し、すでに全世界で650万人以上のユーザーを集めている。実は日本でもユーザーは多く、foursquare Labs社によれば「東京は世界で2番目に4sqチェックインが多い都市」とのこと。また2011年2月上旬に、4sqはKDDIと提携、auのスマートフォンには4sqサービスへのショートカットが搭載されることになった。

 4sqが注目されているのは、いくつかの理由がある。その1つは「チェックイン」だ。

 そもそも「コロニーな生活☆PLUS」「ケータイ国盗り合戦」など、日本でもケータイ向けの位置情報サービスが以前から存在している。ただ、4sqの「自分がいる実際の店や場所を登録して、ネットで公開する」というチェックインサービスは、ありそうでなかった。このチェックインを本格的に開始、位置情報サービスを身近で使いやすいものにしたことで、4sqが広く知られるようになってきた。

Jay Hori氏。日本のfoursquareユーザーの集まりを主催するなど、foursquareの普及活動に取り組んでいる。また米国で、foursquare LabsのCEOや創設者にもインタビューしている

 また4sqは、チェックインの頻度に応じてその場所の「主」になれたり、バーチャルなバッジを獲得することができる。こうしたエンターテインメント性を兼ね備えているのも魅力だ。

 4sqは、スマートフォン向けに最適化されているサービスなのも特徴。位置情報サービスはスマートフォンとの相性が良く、一説には、位置情報サービスの利用量が既存のケータイの数十倍に増えると言われている。「スマートフォン時代の位置情報サービス」の旗頭が、4sqなのだ。

 さらに4sqは、単なるネット上でのSNSではなく、位置情報や店、観光スポットなどの現実社会と絡めてサービスを展開している。このことが「SNSが普及したあとに登場した、SNSやTwitterとは違う新世代サービス」として業界の注目を集めている理由だ。

 では、この4sq、どのように使うと日々の生活が楽しく便利になるのか。そこで、日本で4sqの普及活動に取り組んでいるJay Hori氏に伺った話をもとにした「4sq入門講座」を始めよう。

昨年2010年には、foursquareユーザーが集まったイベントが東京で開催。多数のユーザーやネット業界関係者が参加し、foursquare Labs社のゼネラルマネージャーも登場した(画像クリックで拡大)