まずは以下の2枚の写真をご覧頂きたい。2月中旬、スペインのバルセロナで開催されたMobile World Congress(MWC)で、チップ・メーカー米NVIDIAのブースに横並びで展示されていたタブレット端末だ。左が米モトローラの「Xoom」、右が韓国LGの「Optimus Pad」である。サイズが若干、違いこそすれ、両者の外観はほとんど見分けがつかない。しかも両方ともCPUにNVIDIAのデュアルコア・プロセッサ「Tegra 2」、OSにはAndroid 3.0(Honeycomb)を採用している。

MWCで米NVIDIAブースに横並びで展示されていたタブレット端末。見分けがほとんどつかない(画像クリックで拡大)

 確かに細かい部品などを比べれば、違いは出て来るだろう。しかし基本的なスペックでは、両者はほぼ同じ製品と見て良いのではないか。非常にシニカルな言い方をすれば、かつてパソコンが普及し陳腐化するまでに数年を要したのに、タブレット端末はそれが普及する前から既に陳腐化が始まっている。