日経トレンディの「2011年 ヒット予測ランキング」の2位に選出された「モバ美」。なかでも人気なのが、いつでもどこでも保湿ケアができる携帯用ミスト美顔器。女性向けというイメージが強いが、使ってみると男性にもおすすめできるアイテム。プレゼント用としても人気が高まっている。

携帯サイズの美肌商品がブームに

 「モバ美」(モバビュー)とは、簡単に言えば携行できる美容家電。旅行の時だけ持って行くというより、通勤・通学時にバッグに入れて持ち歩き、休憩時間にさっと使えるようなものを指す。2010年秋から人気を集めている「モバ美」が、携帯用のミスト美顔器だ。スイッチを入れると、化粧水や水道水が非常に細かい霧になって噴射される。肌に当てても「濡れている」という感覚はなく、水滴が残ることもない。メークを落とした後に使う美容スチーム器とは違い、日中、メークをした状態で、乾燥した肌をケアするために使うアイテムだ。

 携帯用のミスト器は以前から美容に関心の強い女性の間で話題になっていたが、毎日持ち歩くにはちょっと大きなサイズだった。「モバ美」として本格的なブームとなったのは、2010年夏に携帯サイズの商品が登場してからだ。バッグに入れて気軽に持ち運べるサイズになったことで、一気に「女性が今欲しい家電」として話題を集めた。

 ブームの火付け役となったのが、2010年夏に発売された素数の「ハンディミスト アイミー」。

ハンディーミスト アイミーのスターターセット。本体、専用エッセンス、ケース、単4形乾電池4本がセットになって1万8900円。追加の専用エッセンスは2480円(50ml)(画像クリックで拡大)

カラーバリエーションはパールホワイト、シャイニーピンク、シャンパンゴールドの3色(画像クリックで拡大)

 サイズもデザインもまるでケータイのようだが、メーカーによると「開発段階でサイズや使い勝手を追究しているうちにケータイの形状に似てきた。それならケータイ型にしようと意識した」とのこと。20代、30代女性をターゲットに想定していたが、販売してみると10代から50代まで幅広い年齢層に支持されていると言う。

 美容家電の老舗、ヤーマンが発売する「プラチナホワイト フォトミスト」は、ミスト機能と「光エステによるフォトフェイシャル」の2つの機能を備えている。「フォトフェイシャル」とは一定の波長の光を肌に当てることで美肌成分の浸透を促すというもの。ミスト噴射口の周りにオレンジ色のLEDが配置されている。ミストと「フォトフェイシャル」、両方の機能を同時に使うことで相乗効果が得られるという。

プラチナホワイト フォトミスト。本体、専用美容液、専用ポーチ、ACアダプター、USBケーブルのセットで1万6800円。追加の専用美容液は2480円(50ml)。カラーバリエーションはホワイト、ピンク、ブラック(画像クリックで拡大)

 さらに小型の「ナノグランス」(テレビショッピング研究所)も登場した。マスカラをイメージした細長いデザインは、化粧ポーチに入れても邪魔にならない。化粧直し用のコスメグッズの一つとして手軽に持ち歩ける。

ナノグランススターターセット。本体、専用化粧水、専用ケース、乾電池2本のセットで1万4700円。追加の専用化粧水は2480円(50ml)(画像クリックで拡大)

カラーバリエーションはパールホワイト、パールピンク(画像クリックで拡大)