米Googleが2011年2月2日に発表した次世代モバイルOS「Android3.0(開発コードネーム:Honeycomb)」は、“iPadキラー”との前評判が高まっている。タブレットならではの広いスクリーンを想定したホーム画面をはじめユーザーインターフェース改良などが、開発者の間で高く評価されているからだ。(関連記事:タブレットデバイス向け新OS「Android 3.0」とは? 秘められた新機能を検証)

 これまでのタブレット市場はアップルのほぼ独走状態。調査会社Strategy Analysisによれば、2010年の世界のタブレット売り上げの84.1%をiPadが占めている。ただし四半期ごとに見ると、iPadのシェアは2010年第3四半期が95.5%、同第4四半期が75.3%と日を追うごとに落ちている。

 ちなみにiPadが発売された2010年4月~12月までの累計出荷台数は1480万台(アップルの公表値)。一方、競合するSamsung Galaxy TabなどAndroid 2.2搭載のタブレットは、同時期に230万台が出荷されたとされるが、正確な数字は把握されていない。一つ確かなことは、元々、スマートフォン向けに開発されたAndroidは、それより大型のタブレット市場での評判が今一つだったということだ。

 Android3.0はそれに対するテコ入れとして、Googleが投入した初の本格的なタブレット指向OSだ。それが事実上、最初に搭載されるMotorola「Xoom」を、筆者が1月に米国で開催された世界最大の家電・IT見本市「Consumer Electronics Show(CES)」で撮影したビデオで見てみよう。

CESで紹介されていたAndroid3.0のデモ。タブレットを意識した仕様だ