過去最大級と言われるスギ花粉の大量飛散が、すぐそこまで迫っている!

 ただ、正直なところ、「過去最大級」とか、近畿地方では前年の10倍などと言われても、それがどれほどのことなのか、いま一つピンとこない。

 そういうときは専門家に話を聞くのが一番!ということで、独立行政法人国立病院機構相模原病院の臨床研究センターアレルギー性疾患研究部の花粉症研究室長として花粉症の研究に携わる石井豊太地域医療情報部長のもとを訪ねた。

 今年のスギ花粉の飛散量は過去最大級と予測されているが、それはどれほど大量なのか?。

 「最新の予測では、2005年よりは少ないが、1995年よりは飛ぶ、過去2番目の多さと言われています」(石井部長)。

 その説明でもまだ実感が持てないでいると、石井部長は「ここ15年と、それ以前の30年とでは、花粉の飛散量の基礎レベルが全然ちがうんですよ」と言いながら、グラフを見せてくれた。1965年以来、過去35年間にわたるスギ・ヒノキ花粉の飛散量を調べたものだ。実は相模原病院では日本で花粉症が報告された1963年よりも前から、こうしたデータを取り続けていたのだ。

 石井部長の言葉通り、1995年以降は、それ以前に比べてスギ花粉の飛散量がまさしく“桁違い”だった。

相模原市におけるスギ・ヒノキ花粉飛散の年次推移

(画像クリックで拡大)

 それにしても、35年間のスギとヒノキの花粉の飛散量の推移が一目でわかるなんて、すごいグラフだ。どうやってデータを取ったのか。

 「では、見に行きましょう」と石井先生に案内されたのは、スタッフしか立ち入れない場所だった。

 花粉の飛散量を計る機器は、相模原の町を一望できる病院の屋上にあった。

ダーラム型花粉捕集器

9cm離れた2枚のステンレス板の間の中央に、白色ワセリンなどを塗布したスライドグラスを設置する。これを24時間放置し、そこに付着した花粉を調べる(画像クリックで拡大)

 石井部長は、計測器に歩み寄ると、2枚の円盤の間を指差した。

 「ここに24時間置いたスライドグラスに付着した花粉の数を数え、毎日記録するんです」

 具体的には、花粉の専門家が、毎日、このスライドグラスでつくったプレパラートを顕微鏡で覗き込み、カウンター片手に野鳥の会よろしく花粉をカウントするのだという。

 「プレパラートにはいろんなものが入っています。そんな無数の対象物の中から花粉を選びだし、さらに、スギ花粉以外にも、素人にはほとんど見分けのつかないヒノキ花粉やブナ花粉、イネ花粉など、花粉の判別まで行いながら、1つひとつ数えます」

写真左から、スギ花粉、ヒノキ花粉、ブタクサ花粉(秋)(画像クリックで拡大)

 1cm×1cmのプレパラートの中に花粉が1個でも見つかると、その日が「花粉飛散日」になる。

 「1cm×1cmで1個というと、1m×1mのざぶとん大では1万個の花粉がそこに落ちたことになります。それが去年のスギ花粉の最大飛散の日には1cm×1cmの範囲に240個にもなり、過去最大の飛散だった2005年には1000個以上の日が3日もありました」。去年のように1日数十個ならまだ目も追いつくが、500個、1000個ともなると、花粉同士が重なりさらに判別が難しくなる。1つのサンプルの中を目で追うだけで何時間もかかる作業を毎日やって初めて、これらのデータになっているのだ。