近ごろ、レンズ一体型の高倍率ズームデジカメの人気が復活しつつある。以前は「デジタル一眼レフカメラ的なスタイルを持つ高性能デジカメ」という位置づけで人気があったが、デジタル一眼の低価格化にともなって人気が落ち、ラインアップも減って一時は絶滅寸前状態にまでなった。

 だが、この1~2年でレンズのズーム倍率が向上したうえ、ふだん使いで重要になる広角域をカバーした製品が相次いで登場し、人気が復活してきた。デジタル一眼でさえ難しい超望遠撮影を難なくこなす機種もあり、デジタル一眼と併用する人も多い。

 高倍率ズームデジカメのトレンドや選び方をチェックするとともに、各社の最新モデルでの実写画像を掲載。実力を探ってみた。

ズーム倍率競争が加速、35mm判換算で840mm相当の超望遠撮影が可能な機種も!

 2010年10月に登場したキヤノンの「PowerShot SX30 IS」は、35mm判換算で24~840mm相当をカバーする光学35倍ズームレンズを搭載したことが話題になった。2007年に光学18倍ズームの「CAMEDIA SP-550UZ」がオリンパスイメージングから発売されて以来、ズームレンズの高倍率化が次々と進行し、ついに光学35倍にまで達してしまった。

 840mmといえば、キヤノンのデジタル一眼用レンズで最長の焦点距離を持つ「EF800mm F5.6L IS USM」よりも長い。ついに、高倍率ズームデジカメが一眼レフカメラ用レンズを追い抜いてしまったことになる。

キヤノンの大口径望遠レンズ「EF800mm F5.6L IS USM」(上)。カメラと比べると、その巨大さが分かる。重いレンズが何枚も組み込まれており、重量はなんと4.5kgもある(画像クリックで拡大)

キヤノンの高倍率ズームデジカメ「PowerShot SX30 IS」。デジタル一眼レフカメラよりも小さく軽いボディーながら、左の大型レンズを超える望遠撮影ができる。しかも、広角から望遠まで自在にズームできるのがポイントだ(画像クリックで拡大)

 価格やサイズの違いも見逃せない。EF800mm F5.6L IS USMの実売価格は156万円前後なのに対して、PowerShot SX30 ISは5万円を切っている。もちろん、画質を比べれば口径が大きいEF800mm F5.6L IS USMの方が良好なのは当然だが、撮れなかったものが撮れるメリットは大きい。両手でやっと抱えられるバズーカ砲のような重量級レンズに対し、手のひらサイズに収まる点もポイントだ。

 35倍ズームのPowerShot SX30 ISを筆頭に、同等クラスのカメラとして光学24倍ズームのパナソニック「LUMIX DMC-FZ100」、光学30倍ズームの富士フイルム「FinePix HS10」、光学18倍ズームながら実売価格が2万5000円とリーズナブルな富士フイルム「FinePix S2800HD」が存在。これら4機種について、望遠撮影性能と画質を徹底比較してみた。

4機種のスペックを比較。機種によって違いが大きい

 各機種のスペックを見比べると、光学ズーム性能が頭1つ抜けているPowerShot SX30 ISが目を引く。24mmの広角撮影性能と、光学35倍ズーム+デジタルズーム併用で140倍という性能は、4機種中でトップだ。だが、デジタルズームを併用した最大望遠性能では、レンズの焦点距離が28mmからのFinePixS2800HDの方がわずかに上回る。3376.8mmという数字は、実に天体望遠鏡レベルだ。本体サイズが4機種中最小であるにもかかわらず、これだけの性能を持っているのは驚かされる。

■今回取り上げた4機種のおもなスペック

メーカー名キヤノンパナソニック富士フイルム富士フイルム
機種名PowerShot
SX30 IS
LUMIX
DMC-FZ100
FinePix
HS10
FinePix
S2800HD
実売価格4万7000円前後5万円前後5万円前後2万5000円前後
撮像素子1/2.3型CCD1/2.33型MOS1/2.3型CMOS1/2.3型CCD
有効画素数1410万画素1410万画素1030万画素1400万画素
光学ズーム35倍24倍30倍18倍
デジタル
ズーム併用時
140倍32倍-120.6倍
レンズの焦点距離
(35mm判換算)
24-840mm25-600mm24-720mm28-504mm
デジタル
ズーム時の
最長焦点距離
3360mm相当800mm相当-3376.8mm相当
開放絞り値F2.7~F5.8F2.8~F5.2F2.8~F5.6F3.1~F5.6
手ぶれ補正光学式光学式CMOSシフト式+DISCCDシフト式
最大
ISO感度
6400640064006400
動画最大
解像度
1280×720ドット1920×1080ドット1920×1080ドット1280×720ドット
動画形式MPEG-4/H.264AVCHD、QT、MJPEGMPEG-4/H.264Motion JPEG
本体サイズ122.9×92.4
×107.7mm
124.3×81.2
×95.2mm
130.6×90.7
×126mm
110.2×73.4
×81.4mm
撮影時
重量
約601g約540g約730g約437g
機種名PowerShot
SX30 IS
LUMIX
DMC-FZ100
FinePix
HS10
FinePix
S2800HD

・赤い部分が4機種中のトップ性能、青い部分がワースト性能を表す
・撮像素子や手ぶれ補正機構はスペックから評価できないので、色を付けていない

4機種中でトップ性能4機種中でワースト性能