2010年10月31日午前0時、32年ぶりに羽田空港からの欧米線が復活した。「深夜発、羽田から海外」便は本当に快適なのか? それを検証すべく、ANAの初便となった同日0時ちょうど発(現在は0時5分発)のロサンゼルス行き(フライト時間9時間50分、到着は現地時刻で前日17時50分)に搭乗し、未知の世界である羽田からの深夜便を体験。それをもとにまとめた「乗ってわかった10のこと」を紹介したい。

<出発(羽田)編>

【その1】モノレールはガラガラ、羽田でゆっくり食事も

 まずは都心からの交通アクセス。羽田空港新国際線ターミナルには、東京モノレールと京浜急行が乗り入れており、最速列車はそれぞれ浜松町・品川から13分となっているが、最速列車でなくても約20分で国際線ターミナルに到着する。

 特に羽田深夜便へのアクセスでおすすめなのはモノレールだ。沿線の住民が少なく、利用者のほとんどが空港利用者ということで、国内線の運航がほぼ終了した21時台以降はガラガラ。気兼ねせずに、スーツケースなど大きな荷物を持ち込めた。さらに羽田空港国際線ビル駅とチェックインカウンターは同一フロアになっており、約1分でカウンターに到着。羽田で国内線を利用するよりも便利とさえ思える。

東京モノレールの羽田空港国際線ビル駅(画像クリックで拡大)

 成田空港へ行く場合には、成田エクスプレスは1時間に1~2本程度、京成スカイライナーも1時間に2本程度しかないのに対し、羽田空港に行く東京モノレールは日中4分間隔(夜の時間帯でも5分間隔)、京浜急行も終日ほぼ10分間隔で運転されているので、乗り遅れてもすぐに次の電車に乗れる点も目に見えない羽田新国際線の良さである。また成田では必須となるセキュリティエリアでのパスポート提示も羽田では不要だ(さらに成田では駅からチェックインカウンターまで5分~10分を要する)。

 羽田空港新国際線ターミナルはコンパクトさがウリになっており、レストランも4階に集中している。都内の人気店が多く集まっているので、仕事を終えてから21時ごろに空港に到着し、ゆっくり食事をしてから深夜0時前後の便に搭乗するのもおすすめ。また汗を流してから飛行機に乗りたい人には、シャワールームもある(詳細は後半で)。