スバル トレジア(画像クリックで拡大)

 富士重工業は2010年11月29日、新型コンパクトカーの「スバル トレジア」を発売した。全長4mを切るボディーサイズの5ドアハッチバックで、同社の「インプレッサ」と軽自動車の間を埋めるニューモデルだ。車両本体価格は142万8000~197万9250円。

 車名のトレジア(TREZIA)は、英語の“Treasure(宝物・財宝・富)”を語源にした造語。08年4月から富士重と提携関係を結ぶトヨタ自動車が生産して、OEM供給する「ラクティス」の兄弟車だ。両車の違いはフロントとリアのデザインだけで、グレード構成や装備は一部異なるが、基本的なハード面は全く同じ。スバル向けに特にチューニングを変えたりはしていない。

 ではトレジアは、単にトヨタ車をスバルブランドで販売するだけのクルマかというと、それは違う。「トレジアの開発では、約100名の技術者をトヨタに派遣して共同開発しています。まずトヨタさんと一緒にいいクルマを作る、それが一番大事なこと。その上で、“顔”を見てもらえば十分にスバルらしさを感じ取ってもらえると思います」と、富士重工業取締役 専務執行役員 スバル国内営業本部長の吉永泰之氏は語る。

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

 フロントマスクは、中央にスバルエンブレムの六連星(むつらぼし)を配置し、ウイング状の太いメッキバーを左右に伸ばしたデザイン。「レガシィ」やインプレッサと共通イメージの、一目でスバルと分かる顔だ。リアはテールゲート中央に六連星エンブレムとメッキガーニッシュを配して、フロントと同じイメージに仕立てている。

 ラクティスとは、ヘッドライトやフロントバンパー、フロントフェンダー、ボンネットなどのパーツが異なる。ボディーサイズは全長3990×全幅1695×全高1585mm(2WD車、AWD車は全高1605mm)で、フロントデザインの違いからラクティスよりも全長が5mm短い。

トレジア(左)とラクティス(右)(画像クリックで拡大)

トレジア(左)とラクティス(右)(画像クリックで拡大)