ソニーが12月10日に発売する電子書籍専用端末「Reader」。専用のオンラインブックストアも同時に立ち上げる(画像クリックで拡大)

 ソニーは2010年11月25日、電子書籍専用端末「Reader」を12月10日に発売すると発表した。専用のオンラインブックストア「Reader Store」も同時に立ち上げる。サービス開始時には2万冊以上の書籍を取りそろえる予定だ。

 5型ディスプレイを搭載した「Reader Pocket Edition PRS-350」と6型ディスプレイ搭載の「Reader Touch Edition PRS-650」の2モデルを販売する。予想実売価格は、Pocket Editionが2万円前後、Touch Editionが2万5000円前後。書籍の価格は現時点で決定しておらず、出版社や作者と協議を進めている。

 目に優しく、消費電力の低い電子ペーパーを使った電子書籍専用の端末だ。一度の充電で約2週間の読書が可能。高コントラストで文字が鮮明に表示できるのが特徴のE Ink社製の最新電子ペーパー「E Ink Pearl 」を使っている。光学式のタッチパネルを搭載し、画面をタッチしてページをめくる操作などが可能だ。

 重さはPocket Editionが約155g、Touch Editionが約215g。Pocket Editionは文庫本とほぼ同じ大きさで、上着のポケットにも収まる。本体にはアルミ素材を使用し、背面はラバー風塗装を施してある。2GBの内蔵メモリーには約1400冊の書籍データが保存可能。Touch EditionはメモリースティックとSDメモリーカードが使えるので、32GBまでメモリーを増やせる。

5型ディスプレイを搭載した「Reader Pocket Edition PRS-350」。サイズは104.6(W)×145.4(H)×9.2(D)mm。解像度は600×800ドット、16階調グレースケール(画像クリックで拡大)

6型ディスプレイ搭載の「Reader Touch Edition PRS-650」。音楽再生機能やメモリースティック、SDメモリーカードスロットを備える。サイズは119.1(W)×169.6(H)×10.3(D)mm。解像度は600×800ドット、16階調グレースケール(画像クリックで拡大)