ロードレーサーといえばイタリアの名門ブランド『ピナレロ』(画像クリックで拡大)

 「サイクルモードインターナショナル(以下サイクルモード)2010」が閉幕した。

 サイクルモードは、スポーツタイプの自転車をはじめ、フレーム、パーツ、それにウェアなど、2011年の最新モデルが一堂に会す日本最大のスポーツ自転車総合展示・試乗会だ。出展ブランド数は東京と大阪で合計600件以上。来場者数は東京(幕張メッセ/11月5日~7日)、大阪(インテックス大阪/11月13日、14日)あわせて6万人以上だった。

来場者数6万人超え。この日はまだ初日にもかかわらず多くの人が訪れた(画像クリックで拡大)

 集客数が多いため会場は常に混雑し、試乗するためには長蛇の列に並ばなければならないこともたびたび。もっと、ゆったり試乗したいという声は当然上がる。そうした要望に応えるべく、今年初めての試みとして、東京会場・幕張メッセオープン初日、11月5日(金)11時から14時の3時間、2000人限定の先行・試乗内覧会『プレミアムタイム』を実施した。プレミアムタイムチケットは前売りのみ、2000円で販売し完売。好評だったようだ。

 もちろんこの幸運な2000人以外の来場者たちも、各日、試乗したりイベントに参加したり、来場者はおのおのお目当ての自転車との対面を楽しんだ。

プレミアムタイムはゆったりと試乗できる。通常は試乗待ちの行列ができているのだが待たずに乗れるのはやはり魅力的(画像クリックで拡大)