NTTドコモ
(サムスン電子製)


GALAXY S(SC-02B)

実売価格:3万5000円前後
(新規・バリュー・一括)

発売日:2010年10月28日

 NTTドコモが2010年10月28日に発売したサムスン電子製のAndroidスマートフォン「GALAXY S」(SC-02B)が人気だ。NTTドコモとしては初の最新Android OS「Android 2.2」を搭載した端末で、マルチタッチ操作やパソコンと同等のFlash 10.1プレーヤーを搭載し、性能の高さで注目の端末に仕上がっている。もちろん、iモードメールアドレスを利用できるSPモードにも対応する。現在、多くの販売店ではほぼ売り切れ状態で、やや入手困難な状況となっている。

 すでに高い評価を獲得しているGALAXY Sの実用度を詳しくチェックしていきたい。

薄型軽量ボディーに、大画面の有機ELディスプレイを搭載

 外観はiPhone 3Gシリーズにも似通った、いわゆるスマートフォンらしいデザインだ。ただし、ディスプレイサイズは4型でiPhone(3.5型)よりもひとまわり大きい。

サムスン電子が“Super AMOLED”と呼ぶ有機ELディスプレイを搭載する。サイズは4型と大きく、解像度はワイドVGA(800×480ドット)と精細だ(画像クリックで拡大)

背面には500万画素カメラとスピーカーを搭載する。撮影用のLEDライトは用意されていない(画像クリックで拡大)

 大型ディスプレイを搭載しながら、厚みは9.3mm、重量137gと薄型軽量に仕上がっている。では、バッテリー容量が少ないのかというとそうではなく、従来のスマートフォンと同等以上の容量を持つバッテリー(1500mAh)を搭載する。ハイスペックかつ大容量のバッテリーを実現しながらも、サイズや重量を最小限に抑えた技術には驚かされる。

厚さは9.3mmで、1cmを大きく切っている。右側面に電源キー、左側面に音量調節キーを備える(画像クリックで拡大)

端末上部には、マイク対応のステレオミニジャックとmicroUSB端子を搭載。microUSB端子のカバーはスライドタイプとなる(画像クリックで拡大)