G9の流れを受け継ぐデザイン&ハイエンド携帯電話「G11」

 「G11」は、プロダクトデザイナーの岩崎一郎氏がデザインを手がけた、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の携帯電話。発売時期は2011年春を予定する。

 端末デザインは、2009年4月に発売された「G9」の流れを汲む。G11はスペック向上に加えて、閉じた状態でも開いた状態でも操作しやすいキー配置や、背面に搭載された各機能を美しくまとめるなどの工夫がなされている。

 端末スペックは、3.2インチフルワイドVGA液晶(480×854ピクセル)、808万画素カメラ(撮影ライト搭載)、ワンセグ、GPS、Bluetooth、おサイフケータイ、国際ローミング(CDMA/GSM両対応)など。SnapdragonとKCP3.0搭載による高速処理や、下り最大9.2Mbps/上り最大5.5MbpsのWIN HIGH SPEED、Wi-Fi WINにも対応する。ハイエンド好きユーザーの期待にも応える、全部入り端末といえる。

端末カラーはBLACK+BLACK、ORANGE+BLACK、BLUE+WHITEの3色。表面のタッチパッドキーの色、側面のカラーや質感、背面のカラーがそれぞれ異なる(画像クリックで拡大)

ORANGE+BLACKの表側。フレームは明るいシルバーで、タッチパッドキーはオレンジ。表面のタッチパッドは上下左右・決定・クリアー(メモ)操作に対応。左下のハードウェアキーはLEDを内蔵しており、電話の着信と終話に利用する(画像クリックで拡大)

ORANGE+BLACKの裏側。側面を含めてマットな質感だ(画像クリックで拡大)

BLACK+BLACKの表側。フレームは暗めで、タッチパッドキーはホワイト。G11は、ディスプレイ側とスライド側の両方に上下左右などのキーを搭載する(画像クリックで拡大)

BLACK+BLACKの裏側。ORANGE+BLACKと違い、側面はつやありのブラックになっている。側面に付けられた丸みが持ちやすさを感じさせる(画像クリックで拡大)

BLUE+WHITEの表側。フレームは明るいシルバーで、タッチパッドキーはブルー。表だけを見れば、ORANGE+BLACKとあまり変わりはない(画像クリックで拡大)

BLUE+WHITEの背面。他のカラーと違い、全体がホワイトだ。背面はマットなホワイトのため、色写りや汚れが気になるところだが、汚れに強い「ASC」(Anti-Stain Coating)塗料を採用し、油性マジックなどの汚れにも耐えるという(画像クリックで拡大)

端末を閉じた状態では目立たないが、G9で特徴的だったスリット入りのフレームは健在。G9と同様に、フレームの内側で着信LEDが輝く予定(画像クリックで拡大)

端末背面のカメラ、スピーカー、撮影用LEDライト、赤外線ポートの4つを、統一感のあるデザインにて配置。裏向きに置いても美しい(画像クリックで拡大)

端末の左側面には充電ポートと、ソニー・エリクソン端末ではおなじみのスライドスイッチ型のキーロックを搭載(画像クリックで拡大)

端末の右側面にはカメラキーを搭載。端末の厚みは15.8mmを予定(画像クリックで拡大)

(文・写真/島 徹)