任天堂が2011年2月26日に発売する携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」(画像クリックで拡大)

 任天堂は2010年9月29日、千葉・幕張メッセで開催した「任天堂カンファレンス2010」で新型ゲーム機「ニンテンドー3DS」を発表した。2011年2月26日発売で、メーカー希望小売価格は2万5000円。カラーはアクアブルー、コスモブラックの2色を用意する。米国・欧州・オーストラリアでは2011年3月の発売を予定している。本体サイズは幅134×縦74×厚さ21mm、重さは約230g。

カラーはアクアブルー、コスモブラックの2色を用意する(画像クリックで拡大)

専用充電台も付属する(画像クリックで拡大)

背面。スタイラスペン収納部の手前にある四角い黒い窓は、赤外線端子と推測される。ゲームカードの挿入口は、従来よりも若干横長になった。奥のACアダプター端子の左右には、充電台用のコネクターも用意される(画像クリックで拡大)

ニンテンドー3DSのパッケージとゲームカード。パッケージは従来通りと思われる。ゲームカードは、新たに出っ張りが設けられ、従来のニンテンドーDSシリーズの本体に挿入できないようになった(画像クリックで拡大)

 ニンテンドー3DSはクラムシェル型で上下2画面の液晶ディスプレイを備える「ニンテンドーDSシリーズ」の2画面スタイルを踏襲しながら、上部にワイドタイプの裸眼立体視ディスプレイを搭載。3Dメガネをかけることなく、裸眼で3D映像によるゲームプレーが可能になった。

フライトアクションゲーム『Pilotwings Resort(仮)』のプレー画面(画像クリックで拡大)

 発表会には、任天堂の岩田聡代表取締役社長が登壇。ゲームの3D化によって「(すれちがい通信など)ふれあいの臨場感が高まったり、高さや広さ、奥行き感が認識しやすくなることで、ゲーム空間内をより自由に動き回れる」とその魅力について語った。

 任天堂はゲーム機に3D表示を取り入れる可能性を追求しており、1995年7月にはゴーグル型の3Dゲーム機「バーチャルボーイ」を発売。岩田社長は「バーチャルボーイなどのようにうまくいかなかった例もありますし、試作したものの発売まで至らなかったケースもありました」と述懐する。

発表会に登壇した任天堂の岩田聡社長は「3Dにアプローチする場合、(据え置きゲーム機より)携帯ゲーム機が圧倒的に有利」と自信を見せた(画像クリックで拡大)

 岩田社長は「今年は3D元年と言われています。しかしソフトがなければハードを生かせないし、ハードが普及する見込みがなければソフトを開発しようというメーカーが現れないという、ハードとソフトの“鶏と卵”の関係(課題)を解かなければなりません」と、3Dテレビも抱えている課題について述べた。

 「据え置きゲーム機の場合、(3D対応テレビに)接続して遊ぶお客様は全体の一部にしかなりませんが、携帯ゲームはゲームとディスプレイが一体になっています。3Dにアプローチする場合、携帯ゲーム機が圧倒的に有利だと見ています」と岩田社長は自信を見せた。