今年の東京ゲームショウ2010では、18日(土)の18時からイベントステージでコスプレダンスナイトが開催されるほか、いくつかのブースでコスプレ関連のイベントが行われる。それに先立ち17日、「コスプレカンファレンス CosPlay@TGS2010 コスプレ×ゲーム!」が開催された。

 モデレーターの高橋信之氏(スタジオ・ハードデラックス代表取締役)は、コスプレとゲームは同じくキャラクターを演じるという点でシンクロ率が高いと指摘。近年のゲーム発のコスプレの楽しみ方として、人気インディーズゲーム「東方Project」のアレンジ楽曲によるコスプレダンスパフォーマンスや、「初音ミク」を中心とした楽曲制作と「MMD(MikuMikuDance)」による3DCGのダンスアニメーションを挙げ、これらが日本だけでなく海外へも影響を与えている状況を紹介した。

 コスプレ専門誌COSMODE編集長の大門太郎氏は、COSMODEの表紙を飾るコスプレも漫画+アニメ=ゲームキャラクターといえるほど、ゲームのコスプレが多いと紹介。ただし、新作よりも積み重ねのあるシリーズものに人気が集まりやすいという。

スタジオ・ハードデラックス代表取締役、高橋信之氏(画像クリックで拡大)

コスプレ専門誌COSMODE編集長の大門太郎氏(画像クリックで拡大)

 KONAMIデジタルエンタテインメント 小島プロダクション広報担当の山本さやか氏は、18日の一般公開日にKONAMIブースで行われるメタルギアコスプレ大会「METAL GEARCOSPLAY CAMP」の開催は、ロサンゼルスでのイベントでコスプレ参加者の多さやその人気から決定したことを明かした。コスプレーヤーの視点から見ると、現在は秋葉原でも簡単に衣装が手に入るほか、小規模なコスプレイベントでデビューしやすい状況とのことだ。

 その話を受け、ジャッキー道斎氏(コスプレドットコム アジアエリアマネージャー)は10年前にゲーム会社の企画でコスプレを行ったが色物扱いを受けたという思い出を披露。近年の、企業や国が公式イベントの開催などコスプレーヤーへのバックアップを行っている姿勢について評価。クリエイティブなゲーム企業に対しては、コスプレーヤー側も良い衣装でアピールできればと呼びかけた。

「メタルギアソリッド ピースウォーカー」のパス。ではなく、KONAMIデジタルエンタテインメント 小島プロダクション広報担当の山本さやか氏(画像クリックで拡大)

コスプレドットコム アジアエリアマネージャーのジャッキー道斎氏。初のコスプレは「ザ・キング・オブ・ファイターズ'94」のハイデルン(画像クリックで拡大)

 海外からのゲストとして登壇したのはコスプレーヤーのヒズエさん(ドイツ)、アデラさん(米国)、流架さん(台湾)。それぞれ日本と海外との違いを語った。最後に、ニコニコ動画上で知られるようになった東大生のコスプレダンスグループ「まるきゅうProject」が、インディーズゲーム「東方Project」のアレンジ楽曲「チルノのパーフェクトさんすう教室(IOSYS)」によるダンスパフォーマンスを行って幕を閉じた。

(文/島 徹)

世界コスプレサミットドイツ代表のヒズエさん。好きなゲームキャラクターは「ファイナルファンタジーX-2」の パイン。ドイツではコスプレをして写真を撮るよりも、パーティを楽しむのが主流だとか(画像クリックで拡大)

世界コスプレサミットアメリカ代表のアデラさん。好きなゲームキャラクターは「ゼルダの伝説」のリンク。日本と違って、アメリカではホテルで着替えてからイベントに参加するのが大きな違いだという(画像クリックで拡大)

アジアポップ文化研究者の流架さん。「初音ミク -Project DIVA-」や「戦国BASARA」が好み。台湾には年に二回ほど日本のコミケに近いイベントがあり、広場でコスプレの撮影が行われる。コスプレなどの楽しみ方は日本に近いようだ(画像クリックで拡大)

東大生によるコスプレダンスグループ「まるきゅうProject」(画像クリックで拡大)

ホール3とホール4の間にあるコスプレスペース。ゲーム世界を現したCOSWALLを背景に写真を撮影できる(画像クリックで拡大)