マイクロソフトは2010年9月15日(米国時間)、「Internet Explorer」の次期バージョン「Internet Explorer 9」(以下IE9)のベータ版を公開した。日本語版もあり、誰でもダウンロードして利用できる。マイクロソフトでは専用サイト(http://www.beautyoftheweb.com/)を立ち上げており、現地で発表イベントを開催するなどかなり力が入っている。果たして前バージョンのIE8からどこが変わったのか。新機能やライバル製品との比較を交えた速攻レビューをお届けする。

IE9の特徴とインストール方法

 IE9は、HTMLの次期標準であるHTML5に準拠し、JavaScriptエンジンも高速化した。Webページのレンダリングにグラフィックスチップを使用することで、表示速度も速めている。ユーザーインターフェースも大きく変わり、IE8よりシンプルでWebページの表示部分が広くなった。

 ダウンロードページには各国語版が用意されている。その中から自分のOS用のものを選ぼう。IE9からWindows XPは対象外となる。利用するにはWindows VistaかWindows 7が必要だ。インストールしたくないが見てみたい人は、IE9専用サイト(リンク1リンク2)に様々なデモビデオが用意されているので、それを見れば雰囲気をつかめるだろう。

ダウンロードページ。自分のOS用のものを選んでダウンロードしてインストールする(画像クリックで拡大)

IE9のWebサイトで機能や特長を紹介している。インストールをしたくない人やXPユーザーも、ここで雰囲気をつかめる(画像クリックで拡大)

 アンインストールするにはコントロールパネルで「プログラムと機能」を開き、ウインドウ左側にある「インストールされた更新プログラム」をクリックして表示。そこで「Windows Internet Explorer 9」をアンインストールすればよい。