前編では、スズキ「アドレスV125S」シリーズのモデルチェンジの概要や変更点と、シート下トランクなどの装備類の使い勝手について報告した。後編では、通勤などで市街地を走った試乗インプレッションと、開発方針などを聞いたスズキへのインタビューをお届けする。

(文/西尾 淳(WINDY co.)、写真:加藤真貴子・平雅彦(WINDY co.))

【Index】
【前編】
●Outline:使い勝手を向上させた「通勤快速」のモデルチェンジ
●Utility:格段に使いやすくなった各部ユーティリティー
【後編】
●CityRun:コンパクトなボディーが支える軽快な走り
●Interview:徹底的にユーザーの声に応える

(画像クリックで拡大)

●CityRun:コンパクトなボディーが支える軽快な走り

 アドレスV125Sを走らせてみる。ポジションはコンパクトなスクーターの定石どおり。普通に腰かけると自然に腕を下ろした位置にハンドルがある。原付スクーターよりちょっと大きい程度だが、先にも述べたように足元に余裕があるのはうれしい。足付き性もとてもいい。スタッフの女性は小柄だが(身長153cm)、それでも両足のつま先がちゃんと地面に着いた。

 操作性も分かりやすい。左グリップ基部のスイッチ類も定石どおりだし、右グリップのボタンを押すだけでインジェクションのエンジンは簡単に始動する。エンジン音は非常に静か。早朝の住宅街でも気兼ねする必要はないだろう。

 走り出す……、と、ちょっと拍子抜けした。なんだか以前乗ったV125Gよりも遅く感じたからだ。もっと鋭い加速だと思ったが、自分の記憶が美化されているのだろうか? などと考えながら乗り始めた。重くなった車重を補うため、わずかにセッティングを変えているという。その影響だろうか。

 それでもクルマの流れを軽くリードできるぐらいの速さは備えている。30~40km/hまではあっという間で、それから少し空走感のある速度域があるが、それを超えるとぐっと力強くなって伸びていく。気を抜いていると簡単に制限速度をオーバーする。

ライディングポジションを見る。コンパクトなスクーターとして標準的なもの。足元は広い(画像クリックで拡大)

足の付きやすさを見る。写真の女性ライダーの身長は153cmだが、両足のつま先が着いた(画像クリックで拡大)

左グリップのボタンは一般的な配列だ。上からディマー(ロー/ハイ切り替え)、ウインカー、ホーンの各スイッチ(画像クリックで拡大)

右グリップのボタンはスターターのみ。カウル内側の各部にはカーボン風のデザインが施されている(画像クリックで拡大)