日経トレンディ

 この記事は2010年9月4日発売の日経トレンディ10月号特集「変貌する新幹線&特急」から転載したものです。情報は基本的に発売時点のものとなります。

 都心と成田空港とを結ぶ特急が、相次いでリニューアル。JR東日本は昨年10月、成田エクスプレスに新型車両のE259系を導入し、京成電鉄は7月に、スカイライナーのAE系をデビューさせた。

スカイライナー

成田エクスプレス

 スカイライナーは成田スカイアクセスという新設路線を経由し、30分台で都心と空港とを結び、料金も安い。ただ、京成上野駅がJR上野駅と離れているため、実質的な乗り換え駅は日暮里のみとなる。成田エクスプレスは、運賃が割高で所要時間もかかるが、都内の主要ターミナルの各駅まで運行しているのが強み。

36分(日暮里まで) 所要時間(最短) 53分(東京まで)
2400円(日暮里、京成上野まで) 運  賃 2940円(東京まで)
日暮里、京成上野 主な停車駅 東京、渋谷、新宿、池袋、大宮、吉祥寺、三鷹、国分寺、立川、八王子、高尾、品川、武蔵小杉、横浜、戸塚、大船