外で音楽を聴くときのヘッドホンは、耳に差し込む「インナーイヤー型」が主流。小さなボディの中でいかに高音質を実現するか、という方向で進化してきた。特にここ数年は、3~5万円するような高級イヤホンも人気。だが、そんな流れとは対極にある、大きなボディで耳を覆う「オーバーヘッド」型が、一部のユーザーの間で盛り上がっている。

 特徴は、派手なデザインやカラーリング。その流れを作ったメーカーの1つが、米国の「Skullcandy(スカルキャンディ)」だ。「スケートボードやスノーボードなどの“横ノリ”スポーツを楽しむ層がファッションの一部として買っている」(輸入元であるフュージョンの谷口 徹氏)という。ニットキャップやゴーグルのような身に付けるアクセサリーの1つとして、カラーバリエーションが豊富なヘッドホンが求められたわけだ。

 “Life after Skate”を標榜するアパレルブランド「WeSC」(ウィーエスシー)は、「せっかくiPodで音楽を聴くのに、自分達が身につけたくなるようなファッション性の高いヘッドホンがない」と、2007年に参入。プロスケーターやDJなどとのコラボモデルを次々と発表するなど、ストリートカルチャーに密着したヘッドホンを発表している。

 さらに、時計やTシャツ、バッグパックなどをアクションスポーツ好きに向けて展開しているNIXON(ニクソン)も、「自分たちで欲しいヘッドホンを作ってしまおう」という発想で、デザインに凝ったヘッドホンをリリースしている。

 これら“ストリート系ヘッドホン”は、Skullcandyを全米トップ3に入るメーカーに押し上げるなど、世界的に大きな流行となっている。米国の空港ではSkullcandyのヘッドホンが自販機で売られていると聞くし、日本でも“見せるためのヘッドホン”は音楽を外で聴くことが当たり前になった今、登場するべくして現れたアイテムといえる。

東京・渋谷にあるWeSCの直営店「WeSC TOKYO」。洋服とともに、ヘッドホンも普通に壁に掛けられている。大きな鏡で、服と合わせながら選べる(画像クリックで拡大)

WeSC直営店に並ぶヘッドホンは、その華やかなデザインもあってか、従来のヘッドホンとは全く別物のように見える(画像クリックで拡大)