Windowsで作成した書類を保存しようとすると、「ユーザードキュメントフォルダー」(XPなら「マイドキュメント」、Vistaならユーザー名の付いたフォルダー)が初期設定で保存先に指定されていることが多い。

 Windows 7では、ユーザードキュメントフォルダーの代わりに「ライブラリ」が保存先になっている。Windows 7を使いこなすためには、ライブラリの仕組みを理解することが大切だ。

 ライブラリとは、複数のフォルダーの内容を一覧表示できる仮想フォルダーだ。タスクバーのアイコンやスタートメニューから呼び出せる。初期状態では、ユーザー名の付いたフォルダー(「マイ~」という名称のドキュメントフォルダー)と、パブリックフォルダーが登録されている。フォルダーの追加・削除や新しいライブラリの作成は自由にできる。

タスクバーにある「エクスプローラー」アイコンをクリックすると「ライブラリ」が表示される(画像クリックで拡大)

初期状態では「ドキュメント」「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」の4つのライブラリが登録されている。左側のナビゲーションウィンドウを見ると分かるように、ライブラリには複数のフォルダーを登録されていて、それらの内容を1つのフォルダーであるかのように一覧できる(画像クリックで拡大)

 パソコンの中の必要なファイルやフォルダを検索する方法もマスターしよう。上手に検索できれば、重複しているデータを削除したり、写真を1つのフォルダーにまとめたりするのに便利だ。検索するファイルの種類を限定するテクニックをマスターすれば、より短時間で必要なファイルを探せる。Windows 7は、一度使った検索条件を保存できるので、再度、同じ条件で検索できる。

(文/湯浅 英夫)