新しいパソコンを購入したら、Windowsをカスタマイズして自分好みの環境に整えよう。最新の「Windows 7」は、一世代前の「Windows Vista」をベースに作られている。Vistaユーザーはなじみやすいが、見た目や“作法”が異なるWindows XPユーザーは戸惑うかもしれない。夏休みを利用して、Windows 7の基本的な使い方から、カスタマイズ方法までをマスターしよう。

 まずは、デスクトップ環境から整えていこう。Windows 7には、グラフィックス機能を活かしてCPUの負担を減らしたユーザーインターフェース「Windows Aero(エアロ)」が採用されている。Windows 7のAeroには、Vistaにはなかった便利な機能が追加された。見た目が派手なだけでなく実用性の高いユーザーインターフェースに仕上がっている。Aeroの使い方をマスターするのがWindows 7を使いこなす第一歩だ。

デスクトップのカスタマイズの多くは「個人設定」から行う。デスクトップの空いている場所を右クリックし、「プロパティ」を選ぶと起動する。コントロールパネルからも起動できる(画像クリックで拡大)

「システムのプロパティ」もカスタマイズでよく使うウィンドウだ。デスクトップにある「コンピューター」を右クリックするか、スタートメニューで「コンピューター」を右クリックし、「プロパティ」を選ぶと起動する(画像クリックで拡大)

 次はタスクバーとスタートメニュー。タスクバーはWindows 7のユーザーインターフェースの中で最も大きく変わった部分だ。ソフトのアイコンを登録して一発で起動できるランチャーとしての機能を持つ。右クリックすると「ジャンプリスト」が表示され、最近使ったファイルをすぐに呼び出せる。

タスクバーやスタートメニューのカスタマイズは、「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」から。タスクバーを右クリックして「プロパティ」を選ぶと起動する(画像クリックで拡大)

「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」には3つのタブがある。スタートメニューをカスタマイズする場合は「[スタート]メニュー」タブをクリックする(画像クリックで拡大)

(文/湯浅 英夫)