パナソニックは2010年7月28日、AVCHD規格対応のハイビジョンビデオカメラ「HDC-TM750」と「HDC-TM650」を発表した。8月下旬発売予定で、価格はオープン。予想実売価格はメモリー96GB内蔵の「HDC-TM750」が16万円前後で、64GB内蔵の「HDC-TM650」が13万円前後。同時期に発売する3Dコンバージョンレンズ「VW-CLT1」(予想実売価格3万8000円前後)を装着することで、民生機器として世界で初めて3D撮影に対応した。

パナソニックが2010年8月下旬に発売する3D対応ハイビジョンビデオカメラ「HDC-TM750」。別売の3Dコンバージョンレンズを装着することで3D撮影が可能になる(画像クリックで拡大)

 HDC-TM750/650は総画素数約305万画素の1/4.1型MOSセンサーを3基搭載し、有効画素数は動画約759万画素(約253万画素×3)、静止画約789万画素(約263万画素×3)。光学12倍ズームレンズを搭載し、画角は35mmフィルム換算で35~420mm。画質を損なわなずに電子ズームが可能な「iAズーム」を利用すると、同35~630mm相当になる。

 HDC-TM750はEVF(電子ビューファインダー)を搭載し、3.0型ワイド液晶ディスプレイを採用(TM650は2.7型ワイド液晶ディスプレイ)。内蔵メモリーはTM750が96GBで、TM650が64GB。TM750は5.1chサラウンドマイクを内蔵し、TM650は2chステレオマイクを内蔵しているのが大きな違いだ。撮影時重量はTM750が約440g、TM650が約388g。

メモリー96GBを内蔵する上位モデル「HDC-TM750」(予想実売価格16万円前後)。同時発売する3Dコンバージョンレンズ「VW-CLT1」は予想実売価格3万8000円前後(画像クリックで拡大)

左が64MBメモリーにステレオマイクを内蔵する「HDC-TM650」(予想実売価格13万円前後)。右が96MBメモリー内蔵でEVF(電子ビューファインダー)や5.1chサラウンドマイクを搭載する「HDC-TM750」(画像クリックで拡大)

 3Dコンバージョンレンズ「VW-CLT1」は重さ約195g。撮影時は35mmフィルム換算で58mm相当に固定され、ズーム機能は使えない。記録形式は一般的なAVCHD規格と同じ1920×1080/60i(フルHD、秒間60フレームのインターレース記録)で、左目用の映像と右目用の映像を左右に並べて記録する「サイドバイサイド方式」を採用している。サイドバイサイド方式に対応している3Dテレビであれば、他メーカーのモデルでも3D映像を楽しめる(現在発表されている3D対応テレビはすべてサイドバイサイド方式に対応)。

(文・写真/安蔵 靖志=日経トレンディネット)