文具はここ数年、「ライフハック的」というのか、その新しさやすごさが、とても小さい部分に現れている製品が多い。「国際文具・紙製品展(ISOT)2010」(7月7日~9日開催)に出品された最新文具のなかから、注目商品をピックアップしてレポートする。

国際文具・紙製品展(ISOT)2010は、2010年7月7日~7月9日、東京ビッグサイトで行われた。専門性の高いイベントにも関わらず、3日間で4万人以上の来場者があった(画像クリックで拡大)

油性でも水性でもない“第3のインク”とは?

 まず注目したのは、ゼブラのボールペン「スラリ」。水性インクでも油性インクでもない、新開発の「エマルジョンインク」を採用している。

 105円と安価ながら、滑るような書き味と裏写りしにくく速乾性で水ににじまない性能はまさにビジネス向き。去年大流行した低粘度油性ボールペンを越える滑らかさのエマルジョンインクは、簡単にいえば本来混ざらないはずの水と油を混ぜて作ったインク。筆記具では初めてだが、言ってしまえばマヨネーズと同じような構造。筆圧が弱い人、大量に文字を書く人には是非、薦めたいボールペンだ。

 ほかに筆記具では、指先の感覚だけで書きたい色の芯を選べる4色ボールペン「リポーター・コンパクト」、ノックの際に圧縮空気を送り込むことで書き始めのかすれがなく、屋外や手袋をしたままでも使いやすい現場御用達の「エアプレス」、新色がどれもとてもカッコ良く、“女性版エアプレス”といえるデザインの「エアプレスエプロ」など、従来の製品をもとに少し別の付加価値を付けたトンボ鉛筆の製品に購買欲がそそられた。

「スラリ」は、1mm、0.7mm、0.5mmの三種類のボール径を用意。ブースではその滑らかな書き味を理解してもらうために、油性、水性、エマルジョンのそれぞれの書き味を試した後、3本のペンから水性やエマルジョンがどれかを当ててもらう「利き酒」ならぬ“利きペン”を行っていた(画像クリックで拡大)

 サンスター文具のブースでは、“文具王”高畑正幸氏が、自社製品を実演で紹介。人だかりが絶えないほど人気を集めていた。文具ではこの実演というのが重要で、使い方を目の前で見せてもらうとその便利さがとても伝わりやすいのだ。紙で紙をとじるステープラーやシュレッダーハサミといった、見ただけではそのすごさが分かりにくいアイデア文具が多い同社のようなメーカーでは、実演はとても有効なのだ。

 なかでも注目は、メモ帳などに挟んで持ち歩けるボールペン「バインダーボール」のシャープペンシル版「バインダーシャープ」だ。バインダーの蝶番部分が筆記具になった製品という意味では、バインダーボールもバインダーシャープも似たような製品に見えるが、そのサイズにシャープペンシルのメカニズムを内蔵するため、内部の構造は全く別物。一から開発された製品なのだ。

サンスター文具のブースには、さまざまなアイデア文具が並ぶ。写真は、ハサミを収納するケースがカッターナイフになった「カッター付はさみ」(画像クリックで拡大)

同じくサンスター文具の、刃が長いので新聞などの記事の切り抜きに便利な、スクラップ用の「NEWロングはさみ」(画像クリックで拡大)