※この記事は日経エンタテインメント!(8月号)の記事を転載したものです。購入はこちら

 手軽に動画をライブ配信できる「Ustream」に、従来ネットに慎重だったエンタ企業が続々参入。今回は何が違うのか?

(画像クリックで拡大)

ネット人気を受け、アジア社を設立

★WebカメラやiPhoneで誰でも手軽に今の様子を生中継できる

★ツイッターやFacebookで視聴者が双方向コミュニケーション

★エンタビジネスの枠組みを変えるコンテンツも続々

USTREAM」の視聴画面。生中継中にツイッターなどで書き込まれたコメントが、どんどん表示されていく。国内では「DOMMUNE」、事業仕分けなどを突撃中継する「ケツダンポトフ」などが人気

 マイケル・ジャクソンの追悼式、タイガー・ウッズの謝罪会見、矢沢永吉と糸井重里の対談──これらのイベントには、ある共通点がある。それは「Ustream」(UST)で中継されたことだ。

 USTは、07年開設の動画配信サービス。ユーザーはPCにつないだカメラとマイク、iPhoneなどで映像を“生中継”できる。ツイッターなどのソーシャルサービスとも連携。視聴者がコメントを書き込むと、その内容は配信元URLとともにツイッターなどにも反映され、映像の存在を全世界に告知できる。視聴者同士、ツイッターを通じてコミュニケーションを図ることも可能だ。

 その手軽さと伝播力から、個人はもとより、芸能や報道の世界での活用例も多く、国内でも利用に乗り出す事業者が急増中(下表)ネットでの取り組みには慎重を期してきた国内エンタ企業に、USTがここまで愛されるのはなぜか。

Ustreamがエンタテインメント関連で活用された事例

2007年
3月 Ustream、一般ユーザー向けβサービス開始
2009年
7月7日 米CBS、マイケル・ジャクソンの追悼式のイベントをUstreamでも同時生中継
12月5日 口ロロ(クチロロ)、東京・代官山UNITでのライブの模様を中継。視聴者、会場のファン、メンバーのツイッターでのつぶやきをステージのスクリーンへ表示も
2010年
2月21日 フジテレビ、深夜アニメ枠「ノイタミナ」の2010年度放送ラインアップ発表記者会見の模様を中継。4月15日にも番組放送直前特番をUstreamで配信
3月1日 映像作家・宇川直宏、スタジオ「DOMMUNE」オープン。毎週日~木曜日に都内某所のスタジオで開催されるトークイベントとDJプレイを中継
3月18日 佐野元春、デビュー30周年記念イベント前夜祭のトークイベントをUstream中継
3月19日 ソフトバンク主催の芸人によるケータイ向けお笑い動画対決・S-1バトルのグランドチャンピオン大会のバックステージの風景をUstream中継
3月28日 ソフトバンク、東京・汐留にUstreamでの動画配信スタジオ「USTREAMスタジオ 汐留」をオープン。5~6月には渋谷にも2カ所開設
4月14日 音楽ニュースサイト・ナタリー、配信チャンネル「ナタリーTV」開設。Ustreamを通じてBUMP OFCHICKENのインタビューを中継
4月27日 日本語版Ustreamスタート
DOMMUNE、米デトロイトの超大物テクノミュージシャン、デリック・メイのDJを中継。同時最高視聴者数1万4000、累計8万4872視聴をたたき出す
5月5日 矢野顕子、ニューアルバム発売記念ファンイベントの模様を中継
5月8日 『もやしもん』マンガ家・石川雅之、自身の作品『純潔のマリア』のペン入れ作業をUstreamで中継
5月15日 ビクターエンタテインメント、Ustream公式チャンネル「ビクターミュージックちゃんねる」開設
5月18日 ソフトバンクと米Ustream社、アジア法人「USTREAM Asia」の共同設立を発表
5月20日 映画『ボックス!』公開直前記念の市原隼人とRIZEによるライブの模様を中継
5月21日 広瀬香美、Ustreamでのレギュラー番組『Friday Kohmi』スタート
5月25日 ワーナーミュージック、『龍馬伝』主題歌を歌うリサ・ジェラルドのトークショーをUstreamで配信
5月27日 くるり、前日のカップリングベスト盤発売を記念してトーク番組『焼き肉くるり』を配信
5月28日 映画『RAILWAYS』、翌日の公開を記念してトークと映画の冒頭部分をUstreamで配信
5月30日 TBS、Ustreamを活用した情報バラエティ番組『地球同時多発情報SHOW 革命×テレビ』をスタート
アイドルグループ・スマイレージ、東京ドームシティでのメジャーデビュー記念イベントを中継
6月1日 映画『セックス・アンド・ザ・シティ 2』、ジャパンプレミアの模様を中継
6月5~6日 日本音楽事業者協会、音楽出版社協会、音楽制作者連盟によるプロジェクト「Sync Music Japan」、80年代のバンドブームに登場したアーティストを集めたライブイベントを中継
6月6日 Webサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」、矢沢永吉がゲストのトークライブを中継
6月20日 Base Ball Bearとサカナクション、日比谷野外音楽堂での共演ライブ後の座談会の模様を中継

 5月末、テレビ局としてはいち早くUSTに着目、連動番組『地球同時多発情報SHOW 革命×テレビ』を開始したのがTBS。同社情報制作局の荒牧克久氏はその魅力を「ライブ感と、映像を無編集で届けられる“ダダ漏れ感”にある」と指摘する。同番組は世界8カ所に若手芸人を派遣。各地の様子をUST中継させ、なかでも面白そうなものをテレビ放送している。通常のニュース番組で現場から生中継するには中継車を手配するなど、多大なコストがかかるが「USTなら基本的にはカメラとネット、リュックに背負えるくらいの機材があれば、どこからでも中継できる。ニュースにはならないものの少し気になる…そんな世界の些細な出来事を複数個所からライブで伝えられる」(荒牧氏)。

 世界各地から届けられる映像は、オンエア前後の30分間、すべてUST専用ページで無編集のまま配信。アクセス数が右肩上がりなことから、「新しい企画のヒントにもなりそう」と期待を寄せる。