この記事は、2010年6月4日発売の日経トレンディ7月号「2010年上半期ヒット商品」特集の一部を転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものになります。

 全国各地から集めた300種類以上のレトルトカレーを扱う店で売れているものは何? おしゃれな輸入日用品で次に幅広い支持を得そうなものは? 特定ジャンルのトレンドがいち早く生まれる先端ショップで売れているものを見れば、明日のメガヒットが見えてくる。

 東京・調布に4月にオープンしたスーパー「北野エース 調布パルコ店」。店の中央には、一見本棚のような什器が配置されている。並んでいるのは全国各地のレトルトカレーで、その数はなんと300種類以上。

 陳列方法もユニーク。カレーのパッケージの正面を見せるのではなく、書籍のように側面を客に見せる「ブック陳列」のスタイルを取る。本を書棚から引き出して表紙を確認するような楽しさもある。

 カレー以外の商品の品ぞろえも充実。運営するエースの高橋一美常務は、「しょうゆやドレッシング、たれなどそれぞれの専門店の集合のような店づくりを目指している」と言う。現在、全国から30件ほどの出店の引き合いがあるという。

 300種類あるレトルトカレーは店舗の目玉で、売上構成比で見ても10%程度を占める。北から南まで全国各地のカレーがそろうが、ベスト10に入ったものは比較的有名な“ご当地”レトルトカレーが多い。「多品種少量の品ぞろえだが、死に筋もあるし、それをあえて用意することも重要」(高橋常務)という。また、夏以降をめどに首都圏の駅構内に国内外の缶詰を集めた専門店を出すことも検討中だ。

(画像クリックで拡大)

驚異の品ぞろえ、北野エースで
売れるレトルトカレーベスト10

1

インドカリービーフスパイシー
(中村屋)
312円

2

かきカレー中辛
(レインボー)
525円

3

婆娑羅ビーフカレー
(鶴栄リゾート)
462円

4

函館・挽肉カレー
(五島軒)
294円

5

インドカリースパイシーチキン
(中村屋)
312円

6

飛騨牛ビーフカレー
(吉田ハム)
682円

7

函館カレー中辛
(五島軒)
367円

8

黒毛和牛のビーフカレー
(三田屋総本家)
525円

9

よこすか海軍カレー
(やちよ)
376円

10

豆のキーマカレー(チキン)
(エム・シーシー食品)
299円

注)北野エース 調布パルコ店の4月の売り上げデータをもとに作成

300種類以上の品ぞろえは北野エースでも有数(画像クリックで拡大)

まるで本棚のようにカレーを陳列する「ブック陳列」(画像クリックで拡大)

「北野エース 調布パルコ店」はパルコ調布店の地下1階に4月2日に開店。売り場面積は約347m2で北野エースの店舗としては広め(画像クリックで拡大)

「飛騨牛ビーフカレー」はネット通販でも人気の高価格レトルトカレー(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

マニアック商品も多数あり
たれ・ソースベスト5

1

中濃ソース300ml
(ブルドックソース)199円

2

ごまだれ350g
(アサムラサキ)472円

3

スタミナ源たれ410g
(上北農産加工農業協同組合)449円

4

カントリー有機とんかつソース200ml
(高橋ソース)325円

5

大黒 激辛スパイスソース180ml
(大黒屋)231円

注)北野エース 調布パルコ店の4月の売り上げデータをもとに作成

1位はブルドックだが、ユニークな地方のソースやたれが上位を占めている。(写真左)3位、(写真右)5位(画像クリックで拡大)