2010年6月17日、マイクロソフトの「Office 2010」シリーズ(関連記事)の発売が始まった。Office 2010は1枚のインストール用DVDに32ビット版と64ビット版が同梱され、どちらか片方を選んで使用できる。機能やパフォーマンスにほとんど差はないが、64ビット版を利用するにあたって注意しなければならない点がある。

「Office Personal 2010」「同Home and Business 2010」「同Professional 2010」「同Professional Academic 2010」のパッケージ(画像クリックで拡大)

64ビット版を利用する上での注意点

 Office 2010は、マイクロソフトのOfficeシリーズの中で、初めてネイティブに64ビットに対応したバージョンだ。最近は64ビット版のWindows 7をインストールしたパソコンが増えつつあり、それと同じ感覚で64ビット版Office 2010をインストールしようと考えている人もいるかもしれない。しかし、それは間違っている。

 64ビット版のメリットは、2GB以上のファイルを扱う場合に、パフォーマンスが向上することにある。逆に言えば、それ以外のメリットはない。それ以外のパソコン上での動作速度は、32ビット版と64ビット版はほとんど変わらない。もちろん、機能も全く同じだ。

 アドインも64ビット版に対応したものが必要になることに注意したい。アドインを一切使用していない人は問題ないが、32ビット版にしか対応していないアドインを使用している人は、64ビット版をインストールするとそれらが使えなくなる。

 こうしたことから、インストール先になるWindowsが32ビット版、64ビット版のどちらであっても、Office 2010は32ビット版をインストールするのがお薦めだ。64ビット版は、上記の2つの注意点を満たす人だけ導入するメリットがある。インストール済みパソコンも32ビット版のOffice 2010が主体になっている。

 ちなみに、Office 2010のパッケージを購入してインストールする場合は、Windowsが32ビット版、64ビット版のどちらであっても、32ビット版がインストールされるようになっている。64ビット版をインストールしたい場合は、DVDに収録されているフォルダを開いて、64ビット版のインストーラーを自分で起動する必要がある。