いよいよ5月28日、アップルの「iPad」が国内発売となる。一足先に「iPad Wi-Fi + 3Gモデル」(以下3Gモデル)を試用できたので、その使用感をレポートする。

5月28日に発売されるアップルの「iPad」(画像クリックで拡大)

 その前にそもそもiPadとはどんなものだろう。iPhoneの画面を大きくしたもの、タブレット端末、電子書籍端末などいろいろな言われ方がされている。その本質は、私たちが毎日するWebの閲覧やメールの読み書き、デジカメ写真の閲覧などをより手軽にするためのものだ。そのために操作はいたってシンプルで直感的な作りになっている。iPhoneを使ったことのないユーザーであっても、使い方を少し教えるだけで難なく使いこなせてしまう。

 9.7型のディスプレイはLEDバックライトとIPSテクノロジーにより、非常に明るく、178度という視野角も広い。写真や動画を見るのにはもってこいだ。フォトスタンドとして使える機能もあり、持ち歩かないときはドックに接続して、写真を楽しむのがお薦めだ。加速度センサーにより、縦横の表示の切り替えもスムーズで、横長の写真と縦長の写真を素早く切り替えて全画面で見られる。

 電子書籍を販売する「iBooks Store」は、日本で開始時期が不明だが、「iBooks」アプリは最初から用意されいて、無料で読めるコンテンツが並んでいる。iBooks以外でもサードパーティー製のiPad用の電子書籍を販売するサイトも立ち上がりつつある。電子書籍市場の動向にも注目だ。

「iBoos」アプリ。本棚のようなユーザーインターフェースがユニークだ(画像クリックで拡大)

「iBooks Store」。販売はまだ開始されていない(画像クリックで拡大)