現在、爆発的にユーザーが増えている“つぶやき”Webサービス「Twitter」(ツイッター)と、ライブ動画メディアとして急速に花開きつつある動画共有サービス「Ustream」(ユーストリーム)。これらのサービスを巧みに駆使したインターネットライブ放送「ダダ漏れ」で話題となっているのが、ケツダンポトフの「そらの」さんだ。ケツダンポトフとは、ソラノートが運営するWebサイトで、Ustreamを使ってイベントやセミナー、記者会見や音楽ライブなどをライブ放送している。

 各メディアに引っ張りだこのそらのさんに、Ustreamの将来性や今後の展開を聞いた。

「事業仕分け」「朝ダダ」「裏マスメディア」…話題のUstream放送を実施

 「ダダ漏れのそらの」といえば、今やTwitter+Ustreamの世界の有名人だ。民主党の事業仕分けや大臣の記者会見、音楽イベントやファッションショー、学会や討論会にいたるまで、あらゆる場所やイベントでインターネットを利用したライブ放送を実施している。田原総一朗氏などの有名人が揃った討論放送「朝ダダ」や、ラジオ局とのコラボレーションによるライブ放送などでも人気を集めた。

 Ustreamは、とても簡単にインターネット放送ができるライブ動画サービスだ。Webカメラとインターネット接続環境さえあれば、誰でもその場ですぐにライブ動画が放送できる。

 ライブ動画サービスは以前からあったが、Twitterとの連携によって火がついた。Twitterで「これから放送するから見て!」と宣伝をしたり、放送中に視聴者の声をTwitterで拾う双方向性によって、ネットのライブ放送が俄然面白くなった。

 最近では、ソフトバンクモバイルが自社のイベントをリアルタイム中継して1万人以上が同時に視聴した。毎日放送による選抜高校野球の配信では、同時視聴者が3万人を突破する日本記録を達成。既存のメディアの形を打ち破る新しいメディアが誕生したといえるだろう。

 Ustreamがブレイクしたもう1つのきっかけは、2009年12月にiPhoneやAndroidといったスマートフォンから簡単に放送できるようになったことだ。片手に持ったスマートフォンだけで手軽に放送できるようになり、自分の顔を出して放送するユーザーも増えた。