いよいよ発売が始まった「トルネ」。当日の販売状況や価格、今後の出荷予定などをアキバで調査した(画像クリックで拡大)

 プレイステーション3用の地デジチューナーユニット「トルネ(torne)」が2010年3月18日に発売された。事前に予想されていた通り、都内のカメラ量販店では早朝から商品を求める人の行列ができるほどの注目度の高さだった。アキバの主要ショップでの価格や在庫を調べるとともに、気になる次回入荷の予定などを聞いた。

大手量販店では開店前に行列ができるも、午前中は並ばずに購入できた

 秋葉原のヨドバシカメラ マルチメディアAkibaでは、開店30分前となる午前9時までに150名を超える行列を確認できた。午前9時過ぎに到着した筆者に手渡されたトルネ単体モデルの整理券番号は「145番」。係員が手にしていた整理券の束から察するに、単体モデルの入荷数は250台以上あったと思われる。購入希望者は単体モデルに集中し、プレイステーション3のセットモデルの購入希望はわずか数名程度だったようだ。

秋葉原でもっとも長い行列ができたのがヨドバシカメラ マルチメディアAkiba。購入希望者も多かったが、当日販売用に用意していた商品の数も相当多かったようだ(画像クリックで拡大)

 これだけの人気にもかかわらず、意外にも価格は安かった。単体モデルの希望小売価格は9980円だが、ヨドバシカメラでの販売価格は8980円。さらに10%のポイント還元も付いているので、お買い得感はかなり高い。同店では、10時過ぎには購入待ちの行列がほぼ解消し、意外にも午前中いっぱいは並ばずに購入できる状態だったようだ。

 ソフマップは、当初「予約注文分で完売」と告知していたが、11時の開店直前になって秋葉原本館で急きょ予約者以外への販売を開始した。その場に居合わせた客の行列がさらなる行列を呼び、ほどなく完売していた。販売価格はヨドバシカメラと同じ8980円だが、ポイント還元率は1%と少なかった。ishimaru本店も若干数を店頭販売したが、すぐに完売したという。

当日まで「単体モデルは予約販売のみ」と告知していたソフマップ 秋葉原本館だが、予約者以外にも販売を開始。ポイント還元率がヨドバシカメラとは異なっていた(画像クリックで拡大)

 入手しやすかったのが、予約を受け付けていなかったヤマダ電機だ。神奈川県大和市の店舗では、単体モデルを10台販売すると店頭の張り紙で告知。開店30分前ほどから列ができ始めたが、開店までに来店した単体モデルの購入希望者はわずか6人。開店後しばらくはすぐ購入できる状態だった。店頭価格は8980円。

予約を受け付けていなかったヤマダ電機は、各店で当日販売を実施。郊外の店舗では行列もほとんどなく、単体モデルが並ばずに購入できる状態だった(画像クリックで拡大)