この記事は「日経トレンディ」2月号(1月4日発売)「2010年買い時カレンダー」特集の一部を転載したものです。情報は基本的に発売日時点のものになります。

 消費者の本格的な買い控えによって、大きなダメージを受けている商業施設。この逆境のなかでも09年は、地元色を前面に打ち出した「ららぽーと磐田」や時間消費型エンタメ施設をそろえた「ららぽーと新三郷」など買い物以外の楽しみを強化した次世代型ショッピングセンター(SC)が人気を集めた。

 だが景気悪化が一層深刻になる今年は次世代型SCに限らず、目立つ大型開発が少ない。唯一、新規開業や増床が相次ぐのはアウトレットモールだけだ。今年もアウトレットは消費者の低価格志向を追い風に人気を集めていく。

 なかでも北海道はブームが加速。春に道内2施設目となるアウトレットモール「三井アウトレットパーク 札幌北広島」が開業し、夏に新千歳空港近くの「千歳アウトレットモール・レラ」が第3期の増床を行うからだ。両モールは直線距離で約25km。高速道路のインターチェンジは2つしか離れていない。競争が激化する可能性は高いだろう。

 そこで差別化を図るため、両者とも新たな切り口で勝負に出る。三井アウトレットパーク 札幌北広島はブランド品のほか、北海道の土産を販売。地産地消をテーマにした道の駅のような店舗を誘致するなど、SCのように地元色を強調するのが面白い。周辺には会員制倉庫型店舗「コストコ札幌倉庫店」もあり、家電量販店やホームセンターが集積。札幌市内からクルマで15~20分と近いため、地元客から観光客まで、幅広い集客が期待できそうだ。

 千歳アウトレットモール・レラも、今回の拡張ではブランド店以外を強化。モールの隣に屋内型エンタメ施設「マッスルパーク」を設け、子供向けのキッズパークを併設。家電量販店やホームセンターの誘致を計画しており、家族で遊んだり、日ごろの買い物をしたりできる複合型モールへと成長する。

 ほかにも滋賀県に「三井アウトレットパーク 滋賀竜王」が開業し、岐阜県の「土岐プレミアム・アウトレット」が増床。日本最大のSC「イオンレイクタウン」の隣にもアウトレットがうわさされている。競争が激化すれば、「今後は地域性を強調したり、他業態と複合化して、一つの“街”に成長するケースも出てくるだろう」(商業施設の企画・コンサルティングを行うプロッドの田中紘之社長)。この1年で、アウトレットは一気に進化しそうだ。

【郊外型商業施設】新規オープン相次ぐアウトレット

現在

(画像クリックで拡大)

時間消費や“食”を強化した
超個性派SCが人気を集めた

 消費が冷え込んだ09年、少しでも集客を高めようと工夫したデベロッパーは、買い物以外の要素を拡充。特に埼玉の「ららぽーと新三郷」(右)は食に加え、家族で過ごせるエンタメ施設を強化した結果、デフレ時代でも消費者に支持された


3月

九州最大級の複合商業施設
ラ・ムーやダイキが九州初進出

 北九州地区に、九州最大規模の「ヒルトップテラス」が開業。広さは実に東京ドームの1.5倍。ディスカウンター「ラ・ムー」やホームセンター「ダイキ」が九州に初進出する

 

 

北海道の札幌市近郊に
道内2つ目のアウトレット

 三井不動産が同社9施設目となるアウトレットモール「三井アウトレットパーク 札幌北広島」を開業。2階建ての屋内型モールで、120店程度が出店。北海道の土産物や産直の食料品などを扱う見込み。道を挟んだ向かいには家電量販店やスーパーなどが集まる


土岐プレミアム・アウトレットが
第3期の増床を終え、開業する

 岐阜県の「土岐プレミアム・アウトレット」が第3期増床。現在は112店舗だが、約30店ほど増やし、増床後は約140店の規模に。男性や中高年、健康志向を意識した店舗の導入を検討中だ

北海道の千歳アウトレットモール・レラが増床
道内初の「マッスルパーク」が目玉になる

 千歳アウトレットモール・レラが第3期増床を実施。今回できるのは、オールシーズン遊べるエンタメ施設。このほかにも家電量販店、ホームセンターなどを誘致する

 

 

屋内型スポーツテーマパーク「マッスルパーク」が北海道に初進出する(画像クリックで拡大)


滋賀竜王にリゾートタイプの
大型アウトレットが完成する

 三井不動産の「三井アウトレットパーク 滋賀竜王」が名神高速道路の竜王IC近くに開業。周辺は自然も多く、リゾート感を強調したモールになる見込みだ。高級ブランドが多く入るともいわれている。店舗数は約150

(画像クリックで拡大)


2011年以降

アウトレットモールの個性化が進み
2011年からは淘汰が始まる

 08年以降、再び開業・増床ラッシュとなったアウトレットモール。2010年にはライバルとの差別化を図るため、地域性や食などで個性化を図るモールも出始めている。他モールとの違いをうまく打ち出せなかった施設は2011年以降、淘汰され始めるだろう

年内

アウトレットに新勢力が加わるか
イオンレイクタウンの隣地が候補に

 埼玉「イオンレイクタウン」の隣地に、アウトレットモールを新設するといううわさもある。「出店できる余力のあるテナントは少ないのでは」ともいわれているが、可能性は未知数。仮にイオンが進出すれば、アウトレットに新興勢力が加わることになる