米アップルがタブレット端末「iPad」を発表した。同社のスティーブ・ジョブズCEOは、iPhoneなどのスマートフォンとMacBookなどのラップトップの中間に位置するデバイスであると説明。インターネット、メール、音楽、写真、ビデオに加え、早くから噂のあった電子ブック機能も盛り込んだ。

「iPad」を持つスティーブ・ジョブズ氏(画像クリックで拡大)

 内蔵メモリーの容量の違い、3G通信モジュールの有無で6機種をラインアップする。メモリー容量は16GB/32GB/64GB、それぞれ価格は499ドル/599ドル/699ドル。3G通信モデルは130ドルずつ価格が上がる。3G通信モジュールのないモデルを全世界で60日以内に発売する。3G通信モデルは米国で90日以内に投入する予定だ。キャリアとの調整を経て、日本を含む各国でも順次発売していく。

位置づけはスマートフォンとラップトップの間を埋める機器。ジョブズ氏は「ネットブックでは、ユーザーは満足しない」と指摘(画像クリックで拡大)

iPadの価格(画像クリックで拡大)