この記事は日経トレンディ2月号(2010年1月4日発売)「一触即発! ポイント&電子マネー決戦前夜」の一部を転載したものです。情報は基本的に発売時点のものとなります。

 会員数3365万人、全国62社3万店が加盟する共通ポイントサービス「Tポイント」。全国規模の企業が複数相乗りするユニークなコンセプトで支持を集めているこのポイントに、「純粋な意味では初めての競合サービスが登場する」とTポイントを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の北村和彦アライアンス・コンサルティング事業統括は話す。

 三菱商事が子会社、ロイヤリティ マーケティングを通じて今春からスタートする共通ポイント「Ponta(ポンタ)」だ。すでにローソン、昭和シェル、ゲオの参加が決まっており、今春のサービス開始当初から3社の合計1万3050店でポイントをためたり、使ったりできるようになる。さらに1月にはファストフードやホテル、外食など新たな加盟企業10社前後が発表される見込みだ。

【Pontaが登場】

Tポイントに匹敵する新勢力に

ゲオの店頭では早くも新カードへの切り替えが始まった(画像クリックで拡大)

 共通ポイント事業を軌道に乗せるには加盟店ネットワークと同時に会員基盤を確保することが求められるが、Pontaの場合はローソンとゲオの既存のポイント会員を譲り受け、サービス開始当初から2000万人規模の会員を確保する。さらに、ポイントを家族で合算できるのも特徴。世帯をターゲットに業種横断のマーケティングをしていく。3年後には会員数3000万人、提携企業30社を目指す方針で、Tポイントに匹敵する有力な新勢力になりそうだ。

ローソンで発行するPontaカード。券面イラストを各社が自由にデザインできるのが特徴(画像クリックで拡大)

ゲオで発行するPontaカード(画像クリックで拡大)

昭和シェルで発行するPontaカード(画像クリックで拡大)

Pontaに関するQ&A

Q.ポイントの付与率は?

A.100円につき1ポイントを基本としながらも、
  加盟企業によって自由に付与率を調整できる仕組み。

Q.ポイントの有効期限は?

A.ポイントは最終利用日から1年間有効。
  加盟店を継続的に利用していれば、実質無期限になる。

Q.他社ポイントとの交換はできる?

A.他社とのポイント交換はJALとの相互交換のみ。
  ローソンポイント時代に提携していたほかのポイントとの交換は
  できなくなる見込み。