三洋電機がムービーデジカメの新製品「Xacti DMX-CS1」を発表! モデルの長谷川 潤さんもムービー撮影の楽しさをアピールした(画像クリックで拡大)

 三洋電機は2010年1月15日、ハイビジョン対応ムービーデジカメ「Xacti」(ザクティ)の新製品「DMX-CS1」を発表した。シリーズ伝統の縦型デザインとハイビジョン画質の動画撮影機能を継承しつつ、従来よりも本体を大幅に薄型化した。フルHD(1920×1080ドット)の動画が撮影できるカメラとしては世界最小・最軽量。撮像素子の画素数は約340万画素に抑えており、静止画よりも動画中心の製品として位置付ける。実売価格は4万円前後で、発売は2月19日の予定。

ボディーカラーはピンク(左)、シルバー(中央)、グリーン(左)の3色。若い女性ユーザーの獲得を強く意識したカラーバリエーションといえる(画像クリックで拡大)

 フルHD画質の動画が撮影できる従来製品「DMX-HD1000」(厚さは約54.5mm)と比べ、ほぼ半分の27mmにまで薄型化した。面積の小さい撮像素子の採用で、レンズユニットを大幅に小型化できたのが要因だ。レンズ部以外の本体も薄型化を図り、Xactiシリーズの欠点だった厚みを軽減した。

基本的なスタイルは従来のXactiシリーズと同じ。本体の薄型化に伴い、4方向ボタンやメニューボタンは液晶パネルの左側に移動した。「右手だけで操作できる」というシリーズのメリットが失われたのは残念(画像クリックで拡大)