景気低迷、ボーナスカット……。収入増を見込めない状態では、出費を抑えるしかない。毎月支払う固定費なども含めて家計の“仕分け”が必須。そこで大きなウエートを占めてくるのが保険の見直しだ。

 生命保険や医療保険の見直しは、自分には関係ない。結婚や出産といった数少ないライフイベントのときに検討すればいい──。そう思っている人も、ぜひ目を通してほしい。保険商品を何度か乗り換え、特約が山ほど付いている人。あるいは保険ショップなどで入念に見直しをしたつもりで満足している人。どちらも実は見直しが必要な可能性が高いからだ。あなたは知らず知らずのうちに“損”をしているかもしれない。例えば生命保険の場合、見直せば1年で10万円以上の保険料を浮かせられるケースもある。

規制緩和の影響で、さまざまな保険会社の商品を扱う「乗り合い型保険ショップ」が急増(撮影協力、ライフプラザホールディングス)(画像クリックで拡大)

 見直しは、「加入中の保険の保障額が本当に必要かどうか」を見定めるところから始まる。何かあったときに手にする保険金が足りないのは困るが、必要以上の額が保障される保険に入っていることは、貴重な家計費から無駄な保険料を割いていることと同義。実際、多額の保険料をつぎ込み、必要以上に保障を手厚くしている人がほとんどなのだ。

 具体的な見直しで忘れてはいけないのが、「トータルで万が一に備える」という発想で臨むこと。公的保障や勤務先の福利厚生、また、貯蓄も“保険”になる。それらをもってしてもカバーできない将来の金銭的リスクのみ、必要最低限の保険で賄うのが正解。保険はあくまで最後の切り札であることを肝に命じたい。

保険で備えるべきは、公的保障や福利厚生などでカバーしきれない、最後の残りの部分だけ