「2010 International CES」の今年のキーワードとして注目を浴びているのが“3Dテレビ”だ。日本メーカーの中でも3Dへの取り組みが積極的なパナソニックやソニーが、プレスカンファレンスで3Dへの取り組みを発表した。それぞれの発表内容をダイジェストで紹介していこう。

パナソニックの大坪文雄社長が、大阪からカメラ越しに中継して3D関連の発表と挨拶を行った(画像クリックで拡大)

発表に用いた「HD Visual Communication System」は、太平洋を隔てた米国までの映像中継を見事にこなしていた。こちらも今年発売される(画像クリックで拡大)

09年のCESを振り返り、同社が3Dへの対応を全面的に打ち出した経緯を解説。昨年の記事でも触れているが、日本メーカーの中でもパナソニックが最も積極的に3Dの規格化を進めていた(画像クリックで拡大)

大坪社長はカメラ越しに世界初の業務用二眼3Dカメラを披露。「まるでディズニー映画のキャラクター(Wall・E:ウォーリー)みたいでしょう」とジョークを飛ばしていた(画像クリックで拡大)

同社がマーケティングパートナーとなった3D映画『アバター』が全世界10億ドル以上のヒットとなったことに触れ、消費者による3Dへの興味と3D対応をサポートした見込みが正しかったことを宣言した(画像クリックで拡大)

 パナソニックが3Dを推進するためのもう一つの取り組みが、米DIRECTVとの提携だ。ソフトウエアアップデートによって、3Dチャンネルを3D対応テレビで視聴できるようになる。パナソニックは、DIRECTVの新たなハイビジョン3Dチャンネルのスポンサーとなることで、有料放送を3D全体のプロモーションとしても位置付けている。

パナソニックはテレビのみならず、3D対応のBDプレーヤー、さらには業務用のカメラも含めたトータルの3Dソリューションを提供していることを解説した(画像クリックで拡大)

北米でプラズマテレビ「VIERA Vシリーズ」を今春に発売すると発表。フルHD、1080pの3D映像対応で、アクティブシャッター方式の3Dメガネが付属する(画像クリックで拡大)

会場に展示されていた3D対応VIERAの実機。65/58/54/50V型の発売を予定している(画像クリックで拡大)

BDプレーヤーと同時に発表されたフルHD AVCHDカム「HDC-TM55」、ポータブルBDプレーヤー「DMP-B15」(画像クリックで拡大)