多くの新機能を盛り込んだマイクロソフトの最新OS「Windows 7」。Windows XPから乗り換えた人は劇的に変わったツールバーやフォルダに戸惑うかもしれない。普段、Windows 7を使う上で知っておくと便利な機能や設定方法のテクニックを紹介していこう。

 前回に引き続きシステムのチューニング方法を紹介する。知っておくと便利なイメージファイルでの丸ごとバックアップ方法やシステム修復ディスクの作成方法などを見ていこう。

(文/湯浅英夫)

076 マルチディスプレイを使う

 ディスプレイを複数同時に使う「マルチディスプレイ」は、表示領域が広がり作業効率を高められる。マルチディスプレイは「画面の解像度」から設定する。2台目以降のディスプレイをパソコン本体に接続したら、デスクトップを右クリックして「画面の解像度」を選ぶ。「画面の解像度」に「1」と「2」の2台のディスプレイが表示される(2台接続した場合)。「2」は2台目のディスプレイのことだ。「2」をクリックして選択し、解像度や表示方法を設定する。表示されない場合は「検出」をクリックして再検出する。

デスクトップを右クリックして「画面の解像度」を選ぶ(画像クリックで拡大)

「画面の解像度」に「1」と「2」の2台のディスプレイが表示される。2台目のディスプレイを示す「2」をクリックして、解像度を指定する。「複数のディスプレイ」のプルダウンメニューで表示方法を指定する。デスクトップを拡張したい場合は「表示画面を拡張する」を選ぶ(画像クリックで拡大)