多くの新機能を盛り込んだマイクロソフトの最新OS「Windows 7」。Windows XPから乗り換えた人は劇的に変わったツールバーやフォルダに戸惑うかもしれない。普段、Windows 7を使う上で知っておくと便利な機能や設定方法のテクニックを紹介していこう。

 Windows 7で見た目と使い方が大きく変わった「タスクバー」と「スタートメニュー」のカスタマイズ方法を紹介する。

(文/湯浅英夫)

028 タスクバーの位置を変える

 タスクバーは、デスクトップの上端や左右の端に配置できる。自分にとって使いやすい場所を探してみよう。

 タスクバーの配置位置を変えるには、タスクバーを右クリックして「プロパティ」を選ぶ。「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」の中の「タスクバー」タブをクリックする。「画面上のタスクバーの位置」で上下左右の場所を選んで「適用」をクリックする。

タスクバーを右クリックして「プロパティ」をクリック(画像クリックで拡大)

「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」が表示されたら「タスクバー」タブをクリック。「画面上のタスクバーの位置」で上下左右の場所を選んで「適用」を押す(画像クリックで拡大)

タスクバーの位置が変わる(画像クリックで拡大)

タスクバーを右クリックして、「タスクバーを固定する」のチェックを外し、タスクバーをデスクトップの上端や左右の端にドラッグしてもよい(画像クリックで拡大)