多くの新機能を盛り込んだマイクロソフトの最新OS「Windows 7」。Windows XPから乗り換えた人は劇的に変わったツールバーやフォルダに戸惑うかもしれない。普段、Windows 7を使う上で知っておくと便利な機能や設定方法のテクニックを紹介していこう。

 前回に引き続き、デスクトップ周りの便利な機能や基本的な設定方法を紹介する。今回は壁紙の変更方法など見た目の変え方を見ていこう。

(文/湯浅英夫)

011 フリップ3Dを使う

ショートカットキー

 「フリップ3D」は、開いているウインドウを立体的に並べて一覧表示する機能。「Windows」キーを押しながら「Tab」キーを押すと起動する。そのまま「Tab」キーを押すかマウスホイールを回すと、一番手前のウインドウを切り替えられる。キーから手を離すとフリップ3Dは終了して通常のデスクトップに戻る。「Ctrl」キーを押しながらフリップ3Dを起動すると、キーを離してもその状態を保持でき、そのままカーソルキーやマウスのホイールでウインドウの切り替え操作ができる。この場合はEnterキーを押すかウインドウをクリックすれば元のデスクトップに戻る。

「Windows」キーと「Tab」キーを同時に押すと「3Dフリップ」が起動する。「Tab」キーを押すとウインドウを切り替えられる(画像クリックで拡大)