鹿野貴司カメラマン
2009年は「カメラの新しい楽しみ方が現れた1年」

 今年は、オリンパスイメージングの「オリンパス・ペン E-P1」やパナソニックの「LUMIX DMC-GF1」、リコーの「GXR」など、一眼レフとコンパクトの中間を埋める魅力的な機種が多く登場した。テレビCMやプロモーションビデオなどのムービー業界では、キヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D MarkII」が活躍。デジタル一眼レフでも動画機能の搭載が標準となった。そういう意味では、各メーカーが新しいカメラの楽しみ方をユーザーに提案できた年だったと思う。

2009年のお気に入りデジカメ・ベスト5

オリンパスイメージング
オリンパス・ペン E-P1

 なんといっても、2009年一番の話題作はこれでしょう。僕も発表と同時に予約し、発売初日に入手。ほぼ毎日これで何かを撮っている。交換レンズのラインアップやスペックに物足りなさも感じることもあるが、既存のデジカメにはなかった楽しみが満載なのも事実。


キヤノン
EOS 7D

 おそらく、今もっともコストパフォーマンスの高いデジタル一眼レフ。あらゆる部分から、キヤノンの力の入れようが伝わってくる。僕も初めて触った日から、何の不満やストレスもなく使うことができた。写真を本格的に楽しみたい人には真っ先におすすめしたい一台だ。


ペンタックス
K-x

 100通りものカラバリや、わずか10分で完売したコラボモデルが話題に。「武骨」「質実剛健」といった印象の強かったペンタックスが、意外性のある一発を放ってくれた。見やすいファインダーと感触のよいレリーズという、ペンタックスの良さもきちんと受け継いでいる。


リコー
GXR

 マニア心をくすぐるリコーらしい一台。惜しむらくは、価格(特に本体)が高いことと、カメラユニットが2つしかないこと。単焦点レンズ+APS-Cセンサーのユニットをもう少しそろえてほしいが、魚眼・シフト・トイカメラといった個性的なユニットもどんどん出してほしい。


ライカカメラジャパン
M9

 これは「お気に入り」というよりも、単に「憧れ」のカメラ。M型をデジタル化するならフルサイズじゃなきゃ…と思っていたので、やっと出たかという感じ。でも、僕は決して買えません。頑張ってボディーを買っても、装着すべきレンズがない…。年末ジャンボ当たらないかな!

2010年は「プレミアム路線の活性化を!」

 各メーカーとも高画素化に歯止めがかかり、高感度やダイナミックレンジの向上を目指しているように感じる。2010年も、その流れが続くのではないだろうか。

 個人的には、一眼レフでは動画撮影に適した電動ズームレンズや個性的な単焦点レンズの登場、コンパクトではリコーの「GR DIGITAL」の独り勝ちが続いているプレミアム路線の活性化を期待したい。魅力ある商品で、リーマンショック以降の不景気をぶっ飛ばせ!

(鹿野貴司)