Windows 7の新機能「XPモード」。仮想化機能を利用して、Windows 7上で2世代前のWindows XPそのものを動かせる目玉機能として話題を集めた。最大の特徴は、Windows VistaやWindows 7で動かないXP用ソフトが利用できること。便利な機能ではあるが、利用するにはCPUの種類などに色々と条件もある。いったいどういうときに役立つのだろうか。実際に利用して検証してみることにした。

XPモードとは?

 XPモードとは、Windows 7上でマイクロソフトの仮想マシンソフト「Windows Virtual PC」を動作させ、その上でWindows XPを動かす機能だ。Windows 7上で動く仮想パソコンにXPをインストールして使う。XPそのものが動作するので、Windows 7で動作しないXP用アプリケーションでも正常に動く可能性が高い。

 Windows 7には、VistaやXPなど以前のOS用ソフトを動作させるための互換モードがある。XPモードは、互換モードでも動作しないソフトを使うための、いわば互換性確保のための最終手段だ。VistaはXPで使えたソフトが使えないと言われることがあった。Windows 7の開発で互換性の確保を重視した結果だろう。

プロパティで「互換性」タブを開くと、ソフトを旧バージョンのOSモードで動作させるように設定できる。以前からある機能だが万全とは言えず、どのソフトも動くようになるわけではない。この問題を解決するのがXPモードだ(画像クリックで拡大)