販売台数が減少傾向にある日本の携帯電話市場において、スマートフォンの販売台数は年々増加。今、各社が最も注力するジャンルの1つである。

 特に、ソフトバンクから発売された「iPhone」は好調で、その対抗製品として、急先鋒と見られているのが“Android(アンドロイド)ケータイ”だ。

 これは、ご存じの通り、Googleが主導で開発を進めているケータイ・モバイル向けプラットフォーム「Android」を搭載したスマートフォン。すでに、2009年夏モデルとしてNTTドコモが「HT-03A」を発売しているが、2009年冬・2010年春の新機種発表会で動きがあったので、紹介しておこう。

2009年5月に行われた夏モデル発表会でAndroid搭載HTC製スマートフォン「docomo PRO series HT-03A」を持つNTTドコモ社長の山田隆持氏(画像クリックで拡大)

Androidケータイで先陣を切ったドコモ。新機種を発表した?

 NTTドコモは今年7月に国内初のAndroidを搭載したHTC製「HT-03A」を発売。Androidケータイ市場における先陣を切った。

 よく比較されるiPhoneとの大きな違いとして、Androidには「メーカーに縛られず自由なモデルが多く発売される」という点がある。そのため、2009年冬・2010年春モデルでも、NTTドコモがAndroidを搭載した新たな機種を発表するのでは、と期待されていた。

 特に、ソニー・エリクソンが11月4日に海外で発表し、日本で発売予定であるとリリースに明記されていたAndroidケータイ「XPERIA X10」には期待が寄せられていた。しかし実際、11月10日に行われたNTTドコモの新製品発表会では、ラインアップにAndroidケータイは含まれていなかった。

ソニー・エリクソン製「XPERIA X10」。通信方式がGSM/W-CDMA/HSDPAに対応。イー・モバイルの場合、対応周波数帯の問題があってそのままでの利用はできない。そのため、日本ではNTTドコモもしくはソフトバンクからの発売になると見られている(画像クリックで拡大)