起動時間は64ビットの方が遅い?

 起動時間と終了時間を測定した結果が以下の表だ。

 注目すべきは、32ビット版よりも64ビット版の方が起動に時間がかかることだ。32ビット版、64ビット版ともにメモリーを多く搭載している方が遅くなる傾向が分かった。パソコンは起動時にメモリーをチェックしてから使用できるようになる。より大きいメモリー空間を確保できる64ビット版の方が、この作業に時間がかかるためだ。終了時間は32ビット版、64ビット版、メモリー容量に関係なくほぼ同じだった。

ソフトはどっちが速い?

 実際のアプリケーションソフトの実行速度はどちらが速いのだろうか。マイクロソフトの「Word 2007」とアドビの「Photoshop Lightroom」を使ってテストした。Word 2007は、約26万字の文字を変換するテスト、Lightroomは、30個のRAWデータをプリセットのパラメーターで現像してJPEG形式で保存するというテストだ。どちらのソフトも64ビット版に対応している。

 どちらのテストでも、搭載メモリーが同じなら32ビット版より64ビット版の方が速かった。もっとも、Word 2007でのテストの差はわずかで、体感できるほどの差はない。差が大きく出たのはLightroomでのテストだ。メモリーを多く消費するグラフィックス系のソフトでは、64ビット版のWindows 7と多くのメモリーを搭載した方が快適に作業できる。Lightroom自体も64ビット版に最適化されており、大きく差が開いたと考えられる。

 総合的に見て、4GB以上のメモリーを搭載しているパソコンなら64ビット版のWindows 7を導入する価値は十分にある。CPUはより高い性能を発揮できるし、64ビット版に最適化されているソフトなら32ビット版よりも高いパフォーマンスを発揮する。起動時間は32ビット版より遅いが、パソコンの起動は1日何度もするものではないので大した問題ではない。

 前述の通り、周辺機器のデバイスドライバーの対応状況に注意だ。使いたい周辺機器に、64ビット版用のデバイスドライバーが用意されているかどうかを周辺機器メーカーのWebサイトなどで調べよう。パソコンの用途や手持ちの周辺機器をチェックして自分に適した方を選びたい。