話題の新型オリンパス・ペン「E-P2」が編集部に到着! 実機を写真でチェックするとともに、新たに加わった2種類のアートフィルターの楽しさをチェックしてみよう(画像クリックで拡大)

 オリンパスイメージングが2009年11月12日に発表したマイクロフォーサーズ対応デジタル一眼「オリンパス・ペン E-P2」が、さっそく編集部に到着した(詳細な記事「『オリンパス・ペン E-P2』を国内でも正式発表、カラーは2色!」はこちらから)。E-P1の登場当初から要望の声が高かったブラックボディーの質感や、新たに加わった2種類のアートフィルターの楽しさを実機写真や実写画像で見ていこう。

ブラックボディーは高級感があり、上位機種としての存在感も文句ナシだ。背面の液晶モニターはE-P1と同じ3型だ。解像度は23万ドットと控えめなので、ファインダーでの撮影直後にモニターで再生画像を表示させると粗さを感じる(画像クリックで拡大)

E-P2(左)のブラックモデルとE-P1(右)のホワイトモデルを並べてみた。ホットシューの盛り上がりの違いがよく分かる(画像クリックで拡大)

液晶ビューファインダーはかなり大きめだが、表示の大きさや精細さは文句なしだ。最大90度まで角度が変えられるので、ペットなど低い位置にいる被写体を撮るのにも最適だ。収納用の専用ポーチが付属する(画像クリックで拡大)