圧倒的な超高感度撮影が可能なニコンの「D3S」。2010年2月にカナダのバンクーバーで開催される冬季オリンピックでの需要を見込んで登場したと思われるが、プロでなくても気になる1台だ(画像クリックで拡大)

 ニコンのプロ向けデジタル一眼レフカメラ「D3S」(実売価格は59万8000円前後)がカメラファンの間で大きな注目を集めている。ISO12800の超高感度を常用感度にし、最高でISO102400というこれまでにない超高感度撮影を可能にしたからだ。大きなフルサイズCMOSセンサーを搭載しながら画素数を1210万画素に抑えることで、高感度画質を徹底的に追求した。

 11月27日の発売を前に、実機を借りることができたので、注目の超高感度画質をいち早く紹介したい。いずれも、三脚は使わずに手持ちで撮影した。撮影に使用したのは、標準ズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED」(実売価格は19万8000円前後)と望遠ズームレンズ「AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)」(実売価格は6万5800円前後)の2本だ。

これが「ISO10万」の実力だ!

 まずは、最高感度となるISO HI 3(ISO102400相当)で撮影した写真を見てほしい。高感度ノイズは拍子抜けするほど少ないうえ、ノイズ軽減処理で塗り絵のようになることもなかった。撮像素子や画像処理エンジンの性能の高さ、巧みな画像処理が実感できた。

ISO感度をHI 3(ISO102400相当)に設定し、夜のショッピングセンターを撮影してみた。これまで経験したことのないISO10万超の超高感度撮影だが、画像の荒れは思っていたより断然少ないのに驚かされる。絞りF10で1/1000秒という驚くようなシャッター速度で撮影できた(画像クリックで拡大)