パナソニック

LUMIX DMC-GF1

実売価格:6万9800円(ボディー)

発売日:2009年9月18日

 オリンパスイメージングが7月に発売した「オリンパス・ペン E-P1」が人気だ。一眼レフカメラで必要な内部のミラーを取り払った「マイクロフォーサーズ」規格を採用してカメラ本体やレンズをコンパクトな設計にした。ボディーが小型とはいえ、フォーサーズシステムと同じサイズの大型撮像素子を搭載しており、デジタル一眼のメリットである高画質は健在だ。

 E-P1は本体の凹凸を抑えて薄型パンケーキレンズと組み合わせでボディーを薄く見せることに成功。ファインダーを取り去って液晶モニターを見ながら撮影するライブビュー専用にし、コンパクトデジカメのように気軽に撮影できるようにした。かつてのフィルムカメラをモチーフにしたレトロ感覚のデザインと質感の高い金属製ボディーが、女性や若年層にも高い支持を得た。

美しいスリムボディーと薄型レンズの組み合わせが人気を呼んだ、オリンパスイメージングのマイクロフォーサーズ対応デジタル一眼「オリンパス・ペン E-P1」。サードパーティ製アクセサリーを使用したボディーのカスタマイズも流行っている(画像クリックで拡大)

パナソニックのマイクロフォーサーズ第3弾として登場した「DMC-GF1」。一眼レフカメラらしいスタイルを重視した「DMC-G1/GH1」とは異なり、出っ張りの少ないスクエアなボディーに仕上がっている。グリップは若干ながら縦方向に盛り上がっており、ホールド性は確保されている(画像クリックで拡大)

背面。液晶モニターは3:2比率の3型固定タイプを採用する。DMC-G1/GH1ではグリップ部に設けられていたダイヤルは、背面に移された。ボタン配置はLUMIXシリーズ共通性のあるレイアウトで、LUMIXのコンパクト機を持っている人ならばいつもと同じ感覚で操作できるだろう(画像クリックで拡大)

 オリンパスイメージングとともにマイクロフォーサーズ規格を共同開発したパナソニックは、E-P1よりも先に「LUMIX DMC-G1」(以下、G1)と「LUMIX DMC-GH1」(以下、GH1)の2機種を先行して発売した。一眼レフカメラらしさを強く意識したデザインで、ファインダー撮影も可能だ。

 第3弾モデルとしてこの9月に登場した「LUMIX DMC-GF1」(以下、GF1)は、本体の凹凸を最小限に抑え、ファインダーを取り去ったのが特徴。コンパクトデジカメに近いデザインは、オリンパスイメージングのE-P1を否応なく連想させる。焦点距離は異なるが、薄型のパンケーキレンズを用意するあたりも共通性が感じられる。

 本家のデジタル一眼レフカメラを脅かすほどの人気を持つマイクロフォーサーズ一眼の魅力や特徴を、DMC-GF1を中心にE-P1も交えて検証していきたい。