圧倒的な高感度撮影に対応したプロ向けデジタル一眼レフカメラ「D3S」が登場! 最高感度はなんとISO102400で、月明かりだけでも撮影できるほどだ(画像クリックで拡大)

 ニコンは2009年10月14日、デジタル一眼レフカメラの新製品「D3S」を発表した。2007年に登場したフルサイズ機「D3」の後継モデルという位置付けだ。

 撮像素子や画像処理回路の改良により、感度拡張時に最高でISO102400というこれまでにない超高感度撮影を可能にした。月明かりほどの明るさしかない屋外でも、ストロボなしで手持ち撮影できるという。ストロボを使用して撮影できないスポーツ競技や自然の動物などを撮影するプロフェッショナルユーザーの需要を見込む。

 発売は11月27日の予定で、予想実売価格は60万円前後の見込み。おもな特徴や兄弟モデルとの違いは以下の通り。

▼ニコン「D3S」のおもな特徴

・画素数アップを見送る代わりに、高感度撮影機能を大幅に強化。標準でISO12800まで、感度拡張時は最高ISO102400の超高感度撮影が可能に
・ハイビジョン画質の動画撮影機能を追加(1280×720ドット、MotionJPEG形式)
・超音波を利用したセンサークリーニング機能を新搭載(D3シリーズでは初)
・オートホワイトバランスの精度を向上。人工照明下での精度や連続撮影時の安定性を高めた
・ライブビュー撮影時、スルー画の上に電子水準器を重ねて表示できる
・アクティブD-ライティングにブラケティング機能を追加
・ライブビュー切り替え用の専用ボタンを新設
・撮影情報の表示や設定変更を容易にするInfoボタンを新設
・静粛で振動の少ない静音撮影モードを追加
・純正GPSユニット「GP-1」で受信した時刻情報を基に、カメラの時刻合わせをする機能を追加
・再生時に画像を拡大表示した際、表示された領域に限定したヒストグラムを表示できる