CEATEC JAPAN 2009のソニーブースは、パソコン「VAIOシリーズ」や液晶テレビ「BRAVIAシリーズ」、BDレコーダー「BDZシリーズ」などをベースにしたさまざまな技術展示が行われているが、注目はなんといっても「3D映像」だ。

「3D」を前面に押し出す、CEATEC JAPAN 2009のソニーブース(画像クリックで拡大)

イベントステージでは3Dエンタテインメントのデモンストレーションが行われている(画像クリックで拡大)

 ソニーブースでは、その多くの面積を「3Dエンタテインメント」と題した展示が占めている。2010年の商品化を目指している3D対応BRAVIA(52V型)のブースでは、映画、ゲーム、スポーツ・ドキュメンタリーと、ジャンル別にブースを設けている。それぞれのジャンルが3D映像になると、どのように楽しめるかを実際に体感してみるといいだろう。

2010年の商品化を目指している3D対応BRAVIAによって、映画、ゲーム、スポーツ・ドキュメンタリーそれぞれのジャンルの3D映像をデモンストレーションしている(画像クリックで拡大)