ボーズは2009年9月30日、ノイズキャンセリング機能を搭載する密閉型ヘッドホン「QuietComfort(クワイアットコンフォート)シリーズ」の最新モデル「QuietComfort 15」を発表、同日発売した。同社直営店やオンラインストア限定モデルで、販売価格は3万9900円。

ボーズが2009年9月30日に発売した密閉型ノイズキャンセリングヘッドホン「QuietComfort 15」(画像クリックで拡大)

 従来モデルではイヤーカップ内に設置したマイクで周囲の音を感知し、その環境ノイズと逆位相の音波を送り出すことでノイズを除去していた。今回のQuietComfort 15では、新たにイヤーカップ外部にもマイクを設置し、2種類のマイクで周囲の音を感知。改良された独自回路が再生音と比較してノイズを識別し、その騒音と逆位相の音波を送り出すことで電子的にノイズを除去する。また、新開発の専用イヤークッションにより、中高音域のノイズの侵入を軽減している。

 バッテリーは単4形アルカリ電池1本で約35時間の使用が可能。電池残量が5時間程度になると、イヤーカップの電源スイッチ上のインジケーターライトが点滅し、交換時期を知らせてくれる。重さは乾電池を含めて約190gで、イヤーカップ部分を90度回転させれば付属の専用キャリングケースに収納できる。飛行機内などでノイズキャンセリング機能のみを使用する際は、コードレスで使用することも可能だ。

 ボーズのプロダクトマーケティング・マネジャーのデニス・セルッチ氏は、「QuietComfort 15ではマイクを外側にも設置し、『(ヘッドホンの内部にマイクを設置する)フィードバック方式』や『(ヘッドホンの外部にマイクを設置する)フィードフォワード』といった従来の技術とは違い、それらを組み合わせたボーズ独自の技術を搭載している。これによって、QuietComfort 2よりもさらに広い帯域でのノイズキャンセリング性能を実現した」と語る。型番が「2」から「15」にまで大幅に増えたことについて、「それだけの大幅な進化を遂げた」と同氏は胸を張った。

■関連情報
・ボーズのWebサイト
 http://www.bose.co.jp/
・QuietComfort 15の製品情報
 http://www.bose.co.jp/jp_jp?event=VIEW_STATIC_PAGE_EVENT
 &url=/consumer_audio/headphones/quiet_comfort/quiet_comfort15/qc15.jsp