インテリア…無線LANネット接続でビジネスシーンをサポート

 E259系の車内に入ると、6両編成に75台設置された大型液晶案内装置から、日・英・中・韓の4カ国語に対応した情報コンテンツが流れてくるのが目に入る。画面には行先案内、停車駅案内、ニュース、運行情報などの上下列車共通の情報をはじめ、下り成田空港方面では、世界の天気、為替情報、航空会社・案内フライト情報などが、上り東京方面では日本の天気、週間ニュース、乗換案内、駅構内案内などのコンテンツが映し出されている。

普通車客室内とデッキの大型液晶案内装置(画像クリックで拡大)

 フライト前後に利用したくなるのがインターネット接続だろう。E259系では、ユーザーのリクエストに応えようと、10月1日の運行開始日から車内で無線LANによるインターネット接続サービスが開始される。これは、車内に設置された無線LANのアクセスポイントから、屋根上のアンテナを通してWiMAX網に接続し、インターネットへ接続できるというもの(トンネル内など一部の区間では利用できない)。利用はUQコミュニケーションズ「UQ Wi-Fi」またはソフトバンクテレコム「BBモバイルポイント」の無線LANサービスとの契約が必要となる。

「成田エクスプレス」運行路線内で車内インターネット接続サービスが可能な区間