パナソニックは2009年9月29日、モバイルノート「Let'snote」シリーズの新モデルを10月22日に発売すると発表した。主力モデルの「Let'snote W8」「同 T8」を一新し、名称も「Let'snote S8」「同 N8」に改めた。ディスプレイをワイド化したほか、通常電圧版のCPUを採用しながら最長16時間のバッテリー持続時間を実現した。予想実売価格はLet'snote S8が20万円前後、同 N8が19万円前後。

 昨今、「5万円パソコン」などと呼ばれるネットブックの台頭により、モバイルノート市場が激変している。今夏には、海外メーカー勢がインテルの“CULVプラットフォーム”を採用した10万円前後のモバイルノートを投入。これらの動きにつられるように、20万円以上が相場だった国内大手メーカーのモバイルノートも値崩れし始めていた。

 そんななか、今回の新モデルは通常版のCPUを採用して処理性能を格段に高めた。軽量、長時間、頑丈というLet'snoteシリーズの特徴を継承しつつ、モバイルノートの弱点である処理性能を高め、ライバル機種やネットブックとの違いを際立たせた。

パナソニックがWindows 7発売と同時に市場投入するモバイルノート「Let'snote S8」(画像クリックで拡大)

フルモデルチェンジした「Let'snote S8」「N8」

 新モデルの目玉はフルモデルチャンジした「Let'snote S8」「同 N8」。前モデルと同じく、違いは光学ドライブの有無だけの兄弟機種だ。S8はパームレスト部分がドライブのふたになっている「シェルドライブ」を備える。

 ディスプレイは1280×800ドット表示対応の12.1型ワイド液晶。CPUはインテルのCore 2 Duo P8700(2.53GHz)を採用する。A4ノートに採用例の多いCPUで、B5サイズのモバイルノートで採用するはLet'snote S8/N8だけだという。従来機種で採用していた超低電圧版CPUよりも発熱量が2.5倍多い標準電圧版CPUを搭載するため、ファンメーカーと協力して独自形状の小型ファンを開発するなど内部設計を一から見直した。処理性能は従来機種と比較して約1.7倍高速化しているという。

 「メール、インターネット、グラフィックスソフト、Officeソフトなど同時に複数のアプリケーションを立ち上げて作業するのが当たり前になっている。その裏ではウイルス対策ソフトや暗号化ソフトが動作している。仕事で使うモバイルノートには今後さらに高いパフォーマンスが求められていく」(パナソニックAVCネットワークス社ITプロダクツ事業部奥田茂雄事業部長)という考えから通常電圧版CPUの採用に踏み切った。

ボディーカラーをシルバーより暗めの「グレイッシュメタル」に変更した(画像クリックで拡大)

「MyLet's倶楽部」限定カラー天板も用意する(画像クリックで拡大)

ファンメーカーと共同で開発した独自ファン。通常電圧版CPUの熱を効率的に放熱する(画像クリックで拡大)

従来機種と比べて処理性能は約1.7倍速くなった(画像クリックで拡大)